日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 中村倫也は“報われない”からこそ色っぽい

中村倫也は“報われない”からこそ色っぽい…本命役の『この恋あたためますか』で輝けるか

この恋あたためますか』公式サイトより

 森七菜×中村倫也の火曜ドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)が、いよいよ最終章を迎える。これまで、なかなか報われない四角関係が「切ない!」と視聴者をにぎわせてきた『恋あた』。第7話のラストでは、これまで余裕の表情だった浅羽(中村倫也)が、樹木(森七菜)を無意識に目で追ってしまう様子が描かれる。しかし、その前に浅羽からはっきりと振られていた樹木は思いを諦め、新谷(仲野太賀)と付き合うことを決めていた。そんな浅羽の様子を、恋人の北川(石橋静河)は遠くから寂しそうに見つめる。すれ違う、切なさ極まる第7話だった。

 だが、この浅羽という男、甘いビジュアルの中村が演じている上に、スマートな社長というスペックの高さにごまかされそうになるが、恋愛スキルが高いとは言えない。スノードームを贈ったそばから樹木を振ったり、恋人には肝心なことを話さず、話したと思ったら樹木の影をちらつかせて北川をいつも不安にさせている。しかも、そのことにまったく気づいていない。第8話の予告では、そんな北川に「まだ気づかない? 拓実はね、樹木ちゃんのことが好きだよ」と言わせてしまう始末だ。仕事はできるが、かなりの恋愛下手である。

 しかしここ数年を見てみると、恋愛ドラマに出演する中村は、こうしたどこか不器用な役を当てられていることが多い。『凪のお暇』(TBS系)で演じたゴンは、ヒロインの凪(黒木花)にとびきり優しいが、他の女性にも同じ態度で接する誰にでも優しい男。最後、凪に思いを定めて告白するゴンだが、凪は出会いに感謝して去っていく。また、『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)では、恋愛に鈍感なヒロインの春見順子(深田恭子)に惹かれるモテ男を演じている。しかし、そちらも止むを得ない事情から元妻と再婚することになり叶わない。結局、ヒロインと結ばれることのない役柄が続いているのだ。

 あまりにイケメンすぎて、簡単に報われるだけではおもしろみがないからか。器用そうに見えるがゆえに、「実は不器用」というギャップのある役がハマるのかもしれない。それを表すように、第7話の中では、樹木に突き放されたあとの浅羽の表情にコメントが集まった。「誰かにこんな気持ちになるのは初めてだ。って顔してますね」「新谷さんの恋が叶った、それを知ったときの社長の表情がすごく切ない」「早く温めないからこうなるんだぞ!」などとSNSは賑わい、中村は自身の見せどころを存分に発揮するかたちとなった。

 11月17日~24日に実施されたウェブアンケート「今期ドラマであなたが最も“胸キュン”したイケメンは?」(モデルプレス)でも、浅羽は4位を獲得。“いい奴”とSNSでは評判の新谷が9位にとどまっていることを考えると、肌感覚以上に、中村が演じる浅羽は人気が高いことがわかる。下手に演じたら「人の気持ちのわからない奴」とも取れてしまう役柄を、人間らしい不器用さを持った胸キュンキャラとして演じきるさまは、中村の真骨頂と言えるのかもしれない。

 今回の『恋あた』は王道シチュエーションをいくドラマなので、最終的には浅羽と樹木が結ばれるのではというの見方が強い。ここからどう挽回していくのか見ものだ。

■番組情報
火曜ドラマ『この恋あたためますか』
TBS系/毎週火曜日22時~
出演:森七菜、中村倫也、仲野太賀、石橋静河、佐野ひなこ、利重剛、市川実日子、山本耕史 ほか
脚本:神森万里江、青塚美穂
演出:岡本伸吾、坪井敏雄、大内舞子
プロデュース:中井芳彦、黎 景怡
音楽:木村秀彬
主題歌:SEKAI NO OWARI 「silent」
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/koiata_tbs/

早乙女りこ(ライター)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

さおとめりこ

最終更新:2020/12/08 10:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed