日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『恋あた』「この恋あたためてほしくない」の声も

森七菜『恋あた』あざとすぎる略奪愛に「この恋あたためてほしくない」と反感の声も

文=早乙女りこ(さおとめ・りこ)

この恋あたためますか』公式サイトより

 11月24日に放送されたドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)の第6話で、森七菜演じる主人公・樹木のあざとさに一部の視聴者からブーイングが集まった。 

 この第6話では「ココエブリィ」の代表取締役を解任された浅羽(中村倫也)と樹木の距離が一気に近づいた。新谷(仲野太賀)に連れられて来た浅羽の自宅で、何もせずのんびりしている浅羽を見た樹木は「気持ちって動いてないと腐るよ」と、自分の古巣であるココエブリィのコンビニ店舗でのアルバイトに浅羽を無理やり連れ出した。そして、会社には店舗研修といい、店舗で働く浅羽の元へ。さらに研修と称した浅羽を含む店員たちとの温泉一泊旅行にも同行することに。

 旅先での夜、浅羽はお礼にと樹木にスノードームをプレゼント。2人に初雪が舞うなか、第5話のラストで樹木が伝えた「好きなの」という言葉が聞こえていたという浅羽は「伝えなければいけないことがある」と樹木に告げる、というドキドキのシーンで終わった第6話。

 ようやく樹木と浅羽の距離が縮まり、物語は盛り上がりを見せている。世帯平均視聴率も9.8%(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)と過去最高を記録している。

 しかし、ネットの反応を見てみると、一部視聴者から「樹木があざとすぎる」といった反発の声が噴出。浅羽が、樹木の先輩である里保と付き合い始めたことを知っている樹木。里保はスイーツ開発を自分が頑張ることで落ち込んでいる浅羽を励ましたいと、仕事に打ち込み、しっかりと結果も出している。その一方で、樹木は会社が混乱するなか、店舗研修の名目で丸一日浅羽のアルバイト先に入り浸るばかりか、温泉旅行にもついていく。さらに、好きだと言ってくれている新谷へ「温泉旅行。メシうま!!」というメッセージと浅羽や皆と浴衣で楽しそうにご馳走を食べている写真を送りつけもする。

 この樹木の一連の振る舞いを、自分の浅羽への想いばかりが先行し、里保に対する配慮がなく、新谷への思いやりもないと受け取る視聴者が少なくなかったようだ。「もっと自分の行動と先輩への罪悪感の葛藤を描いて欲しい」「あざとさ満載。人のものを欲しがるタイプ」などと厳しい意見が多く上がり、なかには「森七菜は脚本演出のとおり演じているだけで、これで好感度下がったら本当にお気の毒」と、森の今後に悪影響を及ぼすことを心配する声も上がっていた。

 もちろん「ききちゃんの表情の演技が好きで、いつも大事なこと言ってるし、周りを明るくしてるように思います」というまっすぐな無邪気さや、表情がコロコロ変わって可愛いと主人公を応援する声もある。

 確かに樹木は浅羽への想いで周りが見えなくなってしまっている感じはする。自分の好きな人をひたむきに陰ながら支えようとする、新谷と里保の切ない演技が達者であるだけに、視聴者の心が彼らのほうに持っていかれてしまう、というのもあるだろう。

 だが、いつの世も略奪愛は女性から嫌われる。よく考えて見れば悪いのは浅羽だ。彼女にも話さない本心を、彼女の後輩の樹木にだけ話したり、内緒でアルバイトを始めて、温泉旅行もただ研修としか話さず、彼女からの着信も無視。それでもやはり、視聴者は無邪気に浅羽に近づく樹木への風当たりが強くなってしまうようだ。この先、ますます樹木と浅羽の恋は加速していくに違いないが、一部の視聴者からは「この恋あたためてほしくない」とまで思われてしまっているドラマの今後、それぞれの想いをどう回収していくのか見守りたい。

■番組情報
火曜ドラマ『この恋あたためますか』
TBS系/毎週火曜日22時~
出演:森七菜、中村倫也、仲野太賀、石橋静河、佐野ひなこ、利重剛、市川実日子、山本耕史 ほか
脚本:神森万里江、青塚美穂
演出:岡本伸吾、坪井敏雄、大内舞子
プロデュース:中井芳彦、黎 景怡
音楽:木村秀彬
主題歌:SEKAI NO OWARI 「silent」
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/koiata_tbs/

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

最終更新:2020/11/30 07:00

森七菜『恋あた』あざとすぎる略奪愛に「この恋あたためてほしくない」と反感の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

ロック様の出馬で考えるアメリカ大統領を描いた映画3本

 『ワイルド・スピード』シリーズなどに出演す...…
写真
インタビュー

原田龍二が瓜田純士にラブコール!

はみだし者、という意味を持つ“アウトロー”。道なき道を行く彼らは、いつも孤独とともにあ...
写真