日刊サイゾー トップ > 芸能  > 森七菜×中村倫也『恋あた』第7話で新展開!?

森七菜×中村倫也『恋あた』第7話で新展開!? サイドストーリーでは『鬼滅の刃』のあの人も

文=早乙女りこ(さおとめ・りこ)

この恋あたためますか』公式サイトより

 12月、街は一気にクリスマスムードが高まるなか、それぞれの恋模様が盛り上がりを見せているドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)の第7話が、12月1日の今夜放送される。

 第6話では樹木(森七菜)と浅羽(中村倫也)の関係に変化があった。浅羽が代表取締役を解任されたことにより、社長と社員の関係ではなくなったふたり。以前は浅羽が樹木を「ココエブリィ」本社へ引っ張ったが、今度は樹木が浅羽を「ココエブリィ上目黒店」へと引っ張り、浅羽はコンビニ店員としてアルバイトを始めることに。樹木も店舗研修と称し、元店員の先輩として浅羽に指導をする。さらに浅羽を含む上目黒店の店員らと温泉への研修旅行にも同行することになった。

 温泉上がり、浴衣姿になった樹木と浅羽がふと無言で見つめ合うふたりのシーンも印象的だったが、今後の物語のキーアイテムにもなりそうなスノードームの登場にも、一時「#スノードーム」がツイッターでトレンド入りをするなど注目が集まった。樹木にお礼としてそのスノードームをプレゼントした浅羽は、樹木の「好きなの」という告白が聞こえていたことを告げ「伝えなくてはいけないことがある」と言う、という展開で第6話は終わっている。

 果たして浅羽の伝えたいこととは?  第7話ではどんな展開が待っているのだろうか?

 衝動的に伝えた「好きなの」が実は聞こえていたと知り、自分の告白への答えなのか、何かを告げようとする浅羽に樹木は動揺する。だが予告で仲良さそうにじゃれる浅羽と恋人の里保(石橋静河)の姿を見る限り、第7話で樹木は浅羽にフラれてしまいそうである。そんななか、浅羽が温泉の研修旅行中に思いついた「コンビニの新しい形」がスタートした上目黒店で、浅羽と里保が一緒に働くことを後から樹木は知ることになる。

 そんな樹木に想いを寄せる新谷(仲野太賀)は、樹木に「付き合ってほしい」と改めて告白し、「クリスマスも一緒に過ごそう」と告げる。傷心の樹木の心に新谷の想いは届くのだろうか?

 そして、ハプニングが起こる。樹木と浅羽がいる事務所の電気が突如、消えてしまう。突然の暗闇に驚く樹木と浅羽。予告動画では暗闇でぶつかり思わず見つめ合うふたりの姿に、「ハプニング発生!運命は、2人を離さない」のテロップ。暗闇で2人きりで、一体何が起こるのか? どうやらついに樹木と浅羽の恋が動き出すようだ。

 ここまで四角関係の矢印は動くことがなかった。新谷はずっと樹木を想い続けているし、樹木も浅羽へと一方通行の想いを抱えていた。浅羽と里保は復縁し、両方向の矢印となっているはずである。

 だが、浅羽を演じる中村倫也が11月28日放送の『王様のブランチ』(TBS系)にゲスト出演した際、「7話では四角関係がぐるりんと回ります」と発言している。どうやら矢印が動く予感がする。第7話のタイトル「#7 交差する恋心…やっと気づいた想い」も気になるところである。想いにやっと気づくのは誰なのか??  少なくとも新谷や里保ではなさそうだ。誰がどんな想いに気づくのか。一番の見どころとなりそうだ。

 予告動画にある、浅羽からネックレスのプレゼントをされて幸せそうに笑う里保の姿も、印象的だ。ドラマ内で“いい人”として描かれ、幸せになってほしいと視聴者から声が上がっている、新谷と里保。前回の放送では付き合っているのにうまくいかない、と呟き、樹木と浅羽の関係が気になる様子を見せていた里保だったが、幸せそうに笑う顔を見ると、いつか崩れてしまう不協和音が聞こえてくるような気がしてならない。

 4人それぞれの想いが深まるとともに、絡み合い変化していく四角関係の今後をドキドキしながら見守りたい。

 また、Paraviで配信されているオリジナルサイドストーリー『その恋もう少しあたためますか』では、樹木の飼っているハリネズミの大福の声を、大ヒットアニメ『鬼滅の刃』で竈門丹次郎役を演じている声優の花江夏樹が担当することが分かり、話題となっている。本編の第7話の放送終了後に、『その恋もう少しあたためますか』の第5話が配信開始する予定で、そこで初めて大福の声が聞けるのだそうだ。

 2019年に来年の顔に選ばれた森七菜を始め、株式会社CMサイトが行なった「2020冬♡抱かれたい俳優ランキング」で1位を獲得した中村倫也だけでなく、サイドストーリーにも話題の声優が登場し、2020年の旬をたくさん詰め込んだようなドラマ『この恋あたためますか』。2020年の締めくくりにどんなラストを見せてくれるのだろうか。

■番組情報
火曜ドラマ『この恋あたためますか』
TBS系/毎週火曜日22時~
出演:森七菜、中村倫也、仲野太賀、石橋静河、佐野ひなこ、利重剛、市川実日子、山本耕史 ほか
脚本:神森万里江、青塚美穂
演出:岡本伸吾、坪井敏雄、大内舞子
プロデュース:中井芳彦、黎 景怡
音楽:木村秀彬
主題歌:SEKAI NO OWARI 「silent」
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/koiata_tbs/

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

最終更新:2020/12/01 18:30

森七菜×中村倫也『恋あた』第7話で新展開!? サイドストーリーでは『鬼滅の刃』のあの人ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

366万票を獲得し、得票率では6割近くの支持を集めた現職・小池百合子氏。下馬評通り、今回...
写真