日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > チョコプラYouTubeが「ハイクオリティ」

チョコプラのYouTube動画が「ハイクオリティ」すぎ! カジサックをネタにするのも納得?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

チョコプラのYouTube動画が「ハイクオリティ」すぎ! カジサックをネタにするのも納得?の画像1
所属事務所ウェブサイトより

 もはやあのユーチューバー芸人は眼中にない?

 12月4日放送の『全力! 脱力タイムズ』(フジテレビ系)にチョコレートプラネット・長田庄平が出演。AIロボットに扮した相方の松尾駿から、「YouTubeでバズらせるなんてお安い御用だと最近よく言っています」「YouTubeで有名な先輩のことをバカにしています」との暴露話を披露され、激しくうろたえる場面があった。

「番組ではその先輩芸人の名前は伏せられていましたが、これはカジサック(キングコング・梶原雄太)で間違いないでしょう。長田は2019年『有吉の壁』(日本テレビ系)に出演した際、『カジサックの動画はギャラが安いから出たくない』と発言しています。長田の苦言を聞いたカジサックは本気で悩み、出演者のギャラをどうすべきか、相方の西野亮廣に相談を持ちかけていましたよ」(放送作家)

 YouTubeで成功を収めた芸人の筆頭株であるカジサックだが、今やチョコレートプラネットはそれ以上の評価を得てきている。12月現在、YouTubeチャンネルの登録数は約66万人。話題を呼んだ『香水』のMVのカバーはすでに3億PV以上視聴されている。

「とりわけ動画のクオリティの高さが絶賛されているのが、先月に投稿された『悪い顔選手権』です。犯人が捕まった際に見せる“悪い顔”を2人が再現し、その表情などから罪状を類推していくというもの。12月7日時点で176万回視聴されていますが、どこかで見たような犯罪者を完璧に演じきっており、ネット上では『ガチ犯罪者と勘違いされちゃうよ』『企画の発想がヤバイ』と、ネット上が大盛り上がりとなっています。『バズらせるのはお安い御用』と豪語するだけはありますね」(芸能ライター)

 カジサックはギャラを大幅にアップして、チョコプラにコラボをお願いしてみてはどうか。

最終更新:2020/12/08 18:00

チョコプラのYouTube動画が「ハイクオリティ」すぎ! カジサックをネタにするのも納得?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

小岩が「夜ふかし」の悪イメージから生まれ変わる!?

 東京都江戸川区に位置する小岩は、今でも下町風...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真