日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 桑子真帆「女性アナランキング」3年連続圏外

NHK桑子真帆アナ、「好きな女性アナランキング」3年連続圏外で本当にフリー転向はあるのか?

文=田中七男

NHK桑子真帆アナ、「好きな女性アナランキング」3年連続圏外で本当にフリー転向はあるのか?の画像1
NHKアナウンサープロフィールページより

 オリコンニュースが毎年恒例の「第17回好きな女性アナウンサーランキング」を発表し、弘中彩香(テレビ朝日)が2連覇を果した。

 上位の顔ぶれは2位=田中みな実(フリー)、3位=有働由美子(同)、4位=大下容子(テレ朝)、5位=大江麻理子(テレビ東京)で、1位から5位までは2019年とまったく同じ。 さらに6位は徳島えりか(日本テレビ)、7位は三田友梨佳(フジテレビ)と、昨年と順位が入れ替わっただけで、7位まではまるで代わり映えがなかった。

 8位には入社3年目で、『世界まる見え!テレビ特捜部』『沸騰ワード10』の進行を担当する岩田絵里奈(日テレ)が入り、8位には永島優美(フジ)が7年目でようやく初登場。10位は、今春から『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに就任した和久田麻由子(NHK)が、初めてランクインした。

 そんな中、ランク圏外で気がかりな存在なのが、NHK・桑子真帆だ。桑子は有働がNHKを退局した後、同局のエースとして活躍し、17、18年には『紅白歌合戦』の総合司会に抜擢を受けた。ところが、昨年末は『紅白』の司会から外れた上に、今春には和久田とトレードされる形で、『ニュースウオッチ9』から『NHKニュースおはよう日本』の担当に移動。これらの措置に、いたく不満をもったとされる桑子アナには、フリー転向説が絶えず流れているが、本当にNHKを退局するのだろうか?

「NHK上層部では、確かに一時期、“桑子推し”から“和久田推し”に転じました。そのため、和久田を19年末には『紅白』の総合司会に抜擢し、桑子と担当番組を入れ替えました。ところが、『紅白』の視聴率は桑子が担当した年より、昨年末は下がってしまった。ゴールデン帯の『ニュースウオッチ9』の視聴率も局の期待ほど数字が上がっておらず、改めて桑子を再評価する声が高まってきているようです。それが『紅白』再登板につながった。

 4月に俳優・小澤征悦との熱愛が発覚した桑子は、局への不信感もあって、結婚してフリー転向も考えたもよう。ただ、小澤の父・征爾は世界的な指揮者で、超セレブ一家とあって簡単に事は運ばないようです。ましてや小澤自身にあまり結婚願望がないようで、結婚するとしても時間がかかりそうな気配。このコロナ禍で、民放各局ではスポンサー収入が激減して、予算を削減しなければいけない時期に、大物フリーアナは起用しづらい。それに桑子自身、人気が落ちていることは自覚しているはず。将来的にフリーになることがあったとしても、今はその時期ではないと判断しているんじゃないでしょうか。NHKだって、来春にでもやめそうなアナウンサーを、局の看板と言える『紅白』の司会に据えたりしません。これで来年早々やめられたら赤っ恥かきますよ」(テレビ局関係者)

 15年春に広島放送局から東京アナウンス室に異動した桑子は、『ブラタモリ』のアシスタントに起用され大ブレーク。同年の「好きな女性アナランキング」では初登場で、いきなり5位にランクインした。しかし、翌16年の同ランクは10位に急降下。『ニュースウオッチ9』のMCに起用された17年は7位に上げた。だが、フジ・谷岡慎一アナとのスピード離婚も影響したのか、18年以降、3年連続でトップ10圏外となっている。

 同ランクが絶対的なものではないが、“人気”の面ではピークを過ぎたとも思える桑子が、フリーアナ受難の時代に、NHKを退局してまで、冒険することは果たしてあるのだろうか?

最終更新:2020/12/08 23:00

NHK桑子真帆アナ、「好きな女性アナランキング」3年連続圏外で本当にフリー転向はあるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真