日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ロンハー』芸人たちの熱いブロマンス

『ロンドンハーツ』芸人たちが見せた最高の“ラブストーリー”に「ギャラクシーBL賞を!」の声

文=出来花子(しゅったい・はなこ)

『ロンドンハーツ』芸人たちが見せた最高のラブストーリーに「ギャラクシーBL賞を!」の声の画像1
TELASA公式サイトより

『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)にBLファンたちが騒ついている。

 12月15日と22日の2週にわたって放送されたのが、「もしも女子だったらこの人と付き合いたい!」という企画だった。かまいたち(山内・濱家)、ぺこぱ(シュウペイ・松陰寺)、EXIT(兼近・りんたろー。)ジャングルポケット斉藤、パンサー向井、ハナコ岡部、宮下草薙の草薙、四千頭身後藤、三四郎小宮、ダイアン津田、さらば青春の光森田の総勢14名が、恋人にしたい3名を選出するというもの。

 9年前に同じ企画に参加したロンブー亮は冒頭で「なんやねんこの企画ってみんな思てるでしょ? 不思議と選ばれるとうれしいから!」とコメントしたが、亮の言う通り白熱の展開を見せることになった。

「ひとりひとりロングヘアのカツラをかぶって女性になりきり、意中の相手を発表していくんですが、だんだんと票が集まるにつれ、人気が集中するメンバーは上位同士でライバル意識を燃やし、まったく票が集まらないメンバーは“1票でもほしい!”と必死になっていく様が面白かった。2週連続で放送したのはよっぽど企画が盛り上がったからでしょう。女性でなく男性に選ばれるというのはまた別の高揚感があったんじゃないかと、芸人たちのリアクションを見て感じましたね」(お笑い雑誌編集者)

「セックスが良さそう」「顔が好み」といった、ネタっぽい理由をあげて笑いをとる場面もあったが、例えばりんたろーは向井を1位に選んだ理由を「僕が仕事ない時に劇場で人気だったのがパンサーさんだった。僕のことなんか気にする必要ないのに、毎日声をかけてくれて。りんちゃん大丈夫、絶対報われるよって。そんな風に気を使える人は女性にも気を使えるはず」と語り、向井との具体的なエピソードを披露した。すでに発表を終えたメンバーが、同じ相手を指名した人の理由説明に「わかる~」と深い共感を示す場面も多々あった。

 つまり“女性のてい”を度外視し、一芸人として仕事現場で実際に見た相手の姿や、仕事への取り組み方に“男惚れ”して票を入れている側面もあり、そこにブロマンスとしての見所があったのだ。

 特に盛り上がったのが向井、兼近、岡部が三角関係のようなドラマを繰り広げた場面だ。放送1週目、岡部が1位に選んだのは向井だった。岡部は「自分でもわかんないくらい好きです。出会ってからずっと好きです」と熱い想いをぶつけた。

 1週目終了時点で兼近(山内、森田、シュウペイの3票)と向井(りんたろー、後藤、小宮、岡部の4票)に1位票が集中。そんな大人気の2人が一体誰を選ぶのかに注目が集まった。

 先に発表した兼近は岡部を1位に選出。多くの票を集めながら、両思いになることは叶わず「結局俺って報われねぇ恋に走り出してんだなって」と、自虐。そんな兼近に岡部は「(この1年ずっと一緒に仕事をしていたため)近くにいすぎてわかんなかった。なにしてんだか、俺……」と後悔を滲ませる。

 さらに兼近が「ずっと見てましたから。岡部さんがロケ弁食べてそのまま寝ちゃってる姿とか、岡部さんがこぼしたご飯粒を拾ったりもしましたし」と回想すると、岡部もたまらず「俺、なにしてんだ!」と頭を抱えてしまった。

12

『ロンドンハーツ』芸人たちが見せた最高の“ラブストーリー”に「ギャラクシーBL賞を!」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(3)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 世界中にネ...
写真