日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > “平和憲法”制定の舞台裏を描いた『日本独立』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.614

“平和憲法”制定の舞台裏を描いた『日本独立』 浅野忠信が白洲次郎、小林薫が吉田茂外相に

文=長野辰次(ながの・たつじ)

平和憲法制定の舞台裏を描いた『日本独立』 浅野忠信が白洲次郎、小林薫が吉田茂外相にの画像1
敗戦直後の日本を描いた『日本独立』。小林薫は特殊メイクでかっぷくのよい吉田茂に変身した。

「ギャラップ社の調査によると、米国民の70%は天皇の死刑または厳刑に処することを望んでいる。さらに33%は日本国家の消滅を支持している」

 トルーマン大統領のもとで国務長官を務めたジェームズ・F・バーンズの辛辣な言葉が、映画の序盤で語られる。伊藤俊也監督の新作映画『日本独立』は、敗戦後の日本がGHQによって占領されていた時代を再現した実録ドラマだ。吉田茂外相を小林薫、吉田茂の片腕として活躍した白洲次郎を浅野忠信、次郎の妻・正子に宮沢りえという実力派キャストを配役することで、先行きの見えない混迷さを極めた時代を上映時間127分の中で描いている。

 1937年生まれの大ベテラン・伊藤俊也監督は、日本国憲法の成立を本作のメインに据えている。GHQ(連合国軍最高司令部)のダグラス・マッカーサー元帥は、従順な日本人を統治するには、天皇制をうまく利用することだと考えていた。昭和天皇の戦争責任を追及しないことで、日本の占領政策をスムーズに進めようとする。戦争に勝利しても統治に失敗すれば、米国での立場を失いかねないので、マッカーサーも慎重だった。昭和天皇の人間宣言と同時に、マッカーサーは新憲法の制定を急がせる。

 新憲法の制定をめぐり、GHQと吉田茂外相(小林薫)ら日本政府との駆け引きが繰り広げられる。GHQとの交渉役には、英国留学を経験している元ビジネスマンの白洲次郎(浅野忠信)が選ばれた。吉田茂は駐英大使の頃から、白洲とその妻・正子(宮沢りえ)と懇意にしていた。白洲はミルクマン(牛乳配達人)と自称し、GHQに通い詰める。「日本は戦争には負けたが、奴隷になったわけではない」と卑屈さを感じさせない白洲は、米国との交渉役に適任だった。

 新憲法の柱となるのは、日本の民主化と軍事力の撤廃だ。マッカーサーは、新憲法はあくまでも日本側が自主的に作ったことにしたかった。松本烝治国務大臣(柄本明)が中心となって新憲法の試案が検討されるが、明治憲法をベースにした松本試案はGHQによって却下される。逆にGHQが極秘に準備した草案を押し付けられることになる。

 わずか1週間でGHQがまとめたこの草案が、現行の日本国憲法の原形だ。天皇は象徴とし、戦争は放棄するという画期的な内容だった。このGHQ案に対し、松本国務大臣は徹底的に反論する。「自衛権を持たない国は、独立国とは呼べない」というのが松本国務大臣の主張だった。まっとうな正論だった。

123

“平和憲法”制定の舞台裏を描いた『日本独立』 浅野忠信が白洲次郎、小林薫が吉田茂外相にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

元美容部員が解説“メンズメイク”のススメ!

 メンズメイクという新しい言葉をテレビやメデ...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真