日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > “平和憲法”制定の舞台裏を描いた『日本独立』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.614

“平和憲法”制定の舞台裏を描いた『日本独立』 浅野忠信が白洲次郎、小林薫が吉田茂外相に

文=長野辰次(ながの・たつじ)

マッカーサーの実験場に選ばれた日本

平和憲法制定の舞台裏を描いた『日本独立』 浅野忠信が白洲次郎、小林薫が吉田茂外相にの画像3
GHQとの交渉を務める白洲は「男の戦さは勝ち負けではなく、精いっぱい闘うこと」が口癖だった。

 日本国憲法の草案はGHQがわずか1週間でまとめ上げたと『日本独立』では描かれているが、異論もある。白洲次郎本人の言説によると、マッカーサーは戦時中から日本国の占領政策を練っていたそうだ。フィリピンから撤退し、豪州で捲土重来を期していたマッカーサーは、日本との戦争にどうすれば勝利するかだけでなく、日本をどう統治するかまでブレーンを募って研究していたらしい。焼け野原になったアジアの島国を、かつてない理想的な国家に作り変えよう。米国大統領の座を狙っていたマッカーサーにとって、日本統治は手頃な実験の場でもあった。

 1950年、朝鮮戦争が泥沼化していくさなかにマッカーサーは、トルーマン大統領によって総司令官の職から解任させられる。マッカーサーは米国に帰還することになり、実験の途上だった日本は放置されてしまう。米国の聴聞会に呼び出されたマッカーサーは、日本での統治体験をこう振り返った。

「欧米人が45歳の成熟した大人なら、日本人はまるで12歳の少年だった」

 終戦から75年。日本人は何歳になったのだろうか。それとも、まだ12歳のままなのだろうか。(文=長野辰次)

平和憲法制定の舞台裏を描いた『日本独立』 浅野忠信が白洲次郎、小林薫が吉田茂外相にの画像4

『日本独立』
監督・脚本/伊藤俊也
出演/浅野忠信、宮沢りえ、小林薫、アダム・テンプラー、ロバート・D・ヒースJr.、ベネディクト・セバスチャン、柄本明、渡辺大、松重豊、伊武雅刀、佐野史郎、石橋蓮司、大鶴義丹、青木崇高、浅田美代子、梅宮万紗子、野間口徹、奥田瑛二(語り)
配給/シネメディア 12月18日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開
(c)2020「日本独立」製作委員会
https://nippon-dokuritsu.com

長野辰次(ながの・たつじ)

長野辰次(ながの・たつじ)

フリーライター。著書に『バックステージヒーローズ』『パンドラ映画館 美女と楽園』など。共著に『世界のカルト監督列伝』『仰天カルト・ムービー100 PART2』ほか。

サイト:記事一覧

最終更新:2020/12/18 15:00
123

“平和憲法”制定の舞台裏を描いた『日本独立』 浅野忠信が白洲次郎、小林薫が吉田茂外相にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真