日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『全国ご当地自慢バトル』に批判

フジテレビ『全国ご当地自慢バトル』に批判殺到「タイトル詐欺」「悪趣味だし下品」

文=日刊サイゾー

『全国ご当地自慢バトルゲーム 47プライド』フジテレビ公式サイトより

『全国ご当地自慢バトルゲーム 47プライド』(フジテレビ系)が12月29日に放送され、視聴者から批判の声が集まっている。

 それぞれの都道府県を代表する芸能人が出演し、自身の県の自慢できるテーマをプレゼンし、ほかの出演者たちの票を最も集めた県が「天下統一」として認定されるというこのバトル番組。バトルのテーマとして選ばれたのは、「最新海鮮丼」「豪邸」「新定番お土産」となっていた。

「最新海鮮丼」ではエントリーした県の名店の人気海鮮丼、「新定番お土産」も同じくそれぞれの県のおすすめのお土産商品が紹介されていたが、疑問の声が集まっていたのは、「豪邸」。エントリーしたのは、新潟県、大阪府、埼玉県となっていたが、新潟県は「雪国まいたけ」創業者の自宅、大阪府は関西の焼き肉チェーン「焼肉バイキング左近」社長の自宅、埼玉県は15代続く商店の店主の自宅となっていた。

 新潟県は大理石で作られた特注の門、60畳のホテルのような玄関エントランスなどとても個人の家とは思えないような3,000坪20LLDDKKの豪邸。大阪府は総額7億円の骨董品が飾られた豪邸。埼玉県は渋沢栄一から贈られた貴重すぎる書が飾られている豪邸となっていたが、もっとも多くの票を集めたのは新潟県。新潟県をプレゼントしたモデルの西山茉希(35)は大喜びしていたが、視聴者からは「個人宅出して自慢し合うって悪趣味だし下品すぎる」「県の魅力と豪邸ってなんの関係もない」「個人の家を競い合うって企画の段階で誰もおかしいと思わなかったの?」といった冷たい声が集まっている。

「また、番組では『全国』と謳いながらも1時間番組でテーマが3つしかなかったため、実際に紹介されたのは限られた県のみ。『まったく全国ではない』『登場してない県があるのにさらっと終わってびっくりした』『タイトル詐欺じゃない?』といった驚きの声を寄せている視聴者も多くいました。そもそも、県同士が競い合うという企画自体、『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)の二番煎じといった指摘も上がっており、評判が良ければレギュラー化を狙う番組という位置づけで放送されたと思われますが、集まったのは不満ばかりという結果となっています」(芸能ライター)

 出演しながらほぼ喋らずに番組が終了した芸能人もいた本番組。そもそもの番組の作りに対する疑問の声も多く集まってしまっていた。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/30 08:00

フジテレビ『全国ご当地自慢バトル』に批判殺到「タイトル詐欺」「悪趣味だし下品」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

想田和弘監督、妻も仰天発言

『精神』『選挙』など、一切のナレーションやテロップを排したドキュメンタリーである「観...
写真