日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 2020大晦日、フジはまた最下位か

2020大晦日の視聴率争い! 今年はTBSに異変も、フジの“定位置”だけは不変か

文=日刊サイゾー

2020大晦日の視聴率争い! 今年はTBSに異変も、フジの定位置だけは不変かの画像1
『RIZIN』(公式サイトより)

 勢力図が入れ替わっても、トップとビリだけは変わらないかもしれない。

 毎年、注目される大晦日の視聴率競争。『紅白歌合戦』(NHK)がダントツ1位なのは言うまでもないが、2位以下も熾烈な争いが繰り広げられている。

「ここ数年の大晦日のラインナップは、日本テレビが『絶対に笑ってはいけない』、TBSとフジがスポーツ系、テレビ朝日がバラエティ、テレビ東京は『孤独のグルメ』。視聴率争いは、トップの紅白と2位の『絶対に~』(日テレ)は不動で、テレ朝が続き、TBSとフジとテレ東が団子状態の最下位争いでした。昨年で言うと、紅白が30%台を稼ぎ、日テレが15%前後、テレ朝が7~8%、残りの3局(TBS、フジ、テレ東)は3~5%といったところです」(テレビ情報誌記者)

 今年の年末年始は、新型コロナウイルスの影響により、帰省を控える人が多く、外出も憚られるような状況のため、テレビの存在感はより増しそうだという見方もある。そんなこともあってか、各局とも色々とラインナップをいじってきた。

「まず、テレ朝は、去年は22時までだった『ザワつく! 大晦日一茂良純ちさ子の会』を、年明けまで引っ張ることになりました。去年は22時までは順調だったのに、その後の番組が惨敗。その失敗が活かされた形です。一方、TBSは長らく続けてきたスポーツ路線を止め、『バナナマンのせっかくグルメ!!』で勝負することになりました。『せっかくグルメ』は、激戦区の日曜夜でどんどん数字を伸ばしており、内容も家族団らんの大晦日にピッタリ。テレ東の『孤独のグルメ』と“飯ネタ”で被りますが、去年よりも数字は伸びそうです。

 こうなるとジリ貧なのがフジです。昨年の『RIZIN』が限りなく最下位だったフジですが、今年もこれといった策を講じることなく、今年も懲りずに『RIZIN』で勝負。出場するのはコアな格闘技ファンしか知らない選手ばかりですから、昨年から大きな上積みは望めず、苦しい戦いになりそうです」(キー局関係者)

 年が変われば、三が日は箱根駅伝にすべて持っていかれて、ロケットスタートを切る日テレの背中をフジが眺めるのは確定的。いっそのこと炎上覚悟で、『笑ってはいけない』がお蔵入りになった渡部建でも起用してみるのも一つの手かもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/25 08:00

2020大晦日の視聴率争い! 今年はTBSに異変も、フジの“定位置”だけは不変かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真