日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『紅白』二階堂ふみ株が爆アガり

『紅白歌合戦』40.3%の高視聴率獲得! 大成功のカギは視聴者を納得させたアノ人物か

文=日刊サイゾー

『紅白歌合戦』40.3%の高視聴率獲得! 大成功のカギは視聴者を納得させたアノ人物かの画像1
『紅白歌合戦』公式サイトより

 昨年の大晦日に放送された『NHK紅白歌合戦』が平均世帯視聴率40.3%を記録、2年ぶりに40%の“大台”に乗り「大成功」を収めた。コロナ禍の影響で史上初の無観客開催になった昨年の紅白だが、それが返って視聴率に貢献したのではないかという声もある。

「年末年始は外出自粛が推奨されていましたから、旅行に行く人や夜に出かける人が少ないおかげで、自ずと家でテレビを見る人が増え、紅白の視聴率も上がったのではないかという見方がされていますね。今回はNHKも例年より制作費がかからなかったようですし、結果としては万々歳でしょう。ただ、正直見どころがなかったというか、例年のような華やかさには若干欠けた感じがしますね。特に不評だったのが、オープニングの演出の安っぽさ(苦笑)。また、肝心の嵐ラストステージも中継だからぱっとしなかったし、来年以降も無観客開催になるなら、演出面はもっと練る必要がありそうです」(レコード会社関係者)

 視聴率的には合格点だが、演出は少々物足りなかったという声もある様子。そんな中でも、絶賛されているのが紅組司会を務めた二階堂ふみだという。

「総合司会の内村光良と白組司会の大泉洋は安定のうまさでしたが、視聴者を驚かせたのは二階堂ふみの達者ぶりですよ。生放送にもかかわらず曲と歌手紹介もまったく噛んだりつっかえたりせず、内村と大泉のアドリブにもしっかり応えていた。さらに、途中で披露した歌も非常に上手で、ネット上では『来年も二階堂ふみがいい』『これまでの司会の中でも一番安定している』という感想が多かったですね」(テレビ局関係者)

 紅白での二階堂の堂々たる司会っぷりに、民放局の関係者も熱視線を送っているという。

「16年から『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「ゴチになります」にレギュラー出演していましたが、その時からバラエティ的なセンスも抜群で、いろんな番組がオファーをしたといいますが、いかんせん女優さんだからあれ以来バラエティのレギュラーはやっていないんですよね。しかし、今回の紅白での名司会っぷりでまたオファーが増えると思いますよ。レギュラーは難しいでしょうから、特番のサブMCなど引き受けてくれるとこちらとしても嬉しいんですけどね」(同)

 女優としても高い評価を得ながら、バラエティ関係者からもラブコールが絶えない二階堂。2021年はさらに活動の幅を広げることになるかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/12/03 02:06

『紅白歌合戦』40.3%の高視聴率獲得! 大成功のカギは視聴者を納得させたアノ人物かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真