日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 石原さとみ、新春ドラマが高評価!

石原さとみ、新春ドラマが高評価!低視聴率でも騒がれない「テレ東女優」は居心地最高?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

石原さとみ、新春ドラマが高評価!低視聴率でも騒がれない「テレ東女優」は居心地最高?の画像1
石原さとみ

 数字に気にせず伸び伸びやるには、絶好の居場所かもしれない。

 石原さとみが主演した1月4日の新春スペシャルドラマ『人生最高の贈りもの』(テレビ東京系)に、視聴者から賛辞の声が飛び交っている。

 同作は岡田惠和氏が脚本を担当。余命宣告を受けた石原演じる主人公の田渕ゆり子と、彼女を取り巻く家族の絆を描いた物語だ。

「石原は『高嶺の花』(日本テレビ系)、『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』と3作連続で主演ドラマの視聴率が1ケタと惨敗。これまでは、彼女のわちゃわちゃした大げさ一辺倒の演技が苦手という人も多かったのですが、今作では抑えた演技を見せ、SNSでも『見直した』『感動した』と高評価コメントが目立っています」(テレビ誌ライター)

 石原は今作がテレビ東京初主演だったが、芸能関係者は“相性の良さ”をこう指摘する。

「裏では木村拓哉主演の『教場Ⅱ』(フジテレビ系)が放送されていましたから、視聴率がそれほど望めないのは最初からわかっていたはず。実際、世帯平均は7.1%で20時台では最下位だったものの、ローカルであるテレ東ドラマだったことを思えば、大健闘と言えるかもしれません。石原は昨年に一般男性と入籍し、1月6日の『デイリー新潮』によれば、夫は創価学会に入信したとのこと。今後は仕事よりも家庭優先となっていくでしょうから、数字よりも純粋に演技や作品の質が評価されるテレ東は、今の彼女には居心地がいいはず。バラエティでの番宣にも精力的に出演していましたし、今後はテレ東のお抱え女優になっていくのではないでしょうか」

 1月期には、ライバルの綾瀬はるかと高畑充希が連ドラ主演で激突。立ち位置が変わったことで、石原もホリプロNO.1争いを外から気楽に眺めていられることだろう。

最終更新:2021/01/07 22:00

石原さとみ、新春ドラマが高評価!低視聴率でも騒がれない「テレ東女優」は居心地最高?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真