日刊サイゾー トップ > スポーツ > 大相撲  > 白鵬、新型コロナで「注意」はどうなる?

横綱白鵬、新型コロナ感染で踏んだり蹴ったり…地上初「注意」はどうなる?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

横綱白鵬、新型コロナ感染で踏んだり蹴ったり…地上初「注意」はどうなる?の画像1
写真/GettyImagesより

 大相撲、横綱・白鵬が新型コロナウイルスに感染したことが5日、日本相撲協会が発表した。これにより、1月10日の初場所出場は絶望的となったが、幸いなことに所属する宮城野部屋関係者はPCR検査の結果、全員が陰性だった。

 白鵬は1月3日に嗅覚異常の症状を訴えて4日にはPCR検査、5日に陽性判定された格好だ。発熱などの症状はないが今後、入院加療する予定。三役以上では初感染者となったが、2020年11月まで3場所続けて休場していただけに、今回の一件の影響は想像以上に大きい。

 角界関係者が、その事情を次のように語る。

「右膝を負傷するなど満身創痍の横綱で、20年中にあった5場所のうち、フル出場できたのは優勝した大阪場所(3月)だけでした。これに、11月の秋場所後に行われた横綱審議委員会では、横綱・鶴竜とともに、2人の休場日数が多過ぎるとして、史上初の『注意』決議を受けた。委員からも進退に踏み込んだ戦いを見せるよう、注文がつきましたがこれに白鵬は大激怒。怒りそのままに、今場所への意気込みはすさまじく、稽古では前頭の阿武咲(おうのしょう)相手に10連勝以上するなど、絶好調をキープしていた。ところが、それによって体力が一気に落ちてしまったのか今回、稽古が原因で新型コロナウイルスに感染したのではないか、との話も出ています。本人にとってはまさに踏んだり蹴ったりでしょう」

 ただ、感染拡大の点において角界も心配は尽きない。

 昨年4月に三段目・勝武士が初めて感染すると5月に多機能不全で急逝。その後も高田川部屋、玉ノ井部屋、立浪部屋で多数の感染者が発生。今年に入ってからも、1月1日に荒汐部屋で平幕力士ら12名の感染が判明したばかりだ。

「集団生活している上に職務上、体重超過している者が多い。そのため、基礎疾患を抱えている関係者も多く、万一感染すると重症化リスクは高い。緊急事態宣言発令の中、国技館で初場所を呑気にやっている場合ではないが、一場所数億円とも言われるNHKからの放映権料収入はバカにできない。相撲の灯を消さないためにも、無理やりにでもやり遂げないといけない苦しい事情もある」

 横綱、角界とコロナ禍の戦いはまだまだ続くことになる。

最終更新:2021/01/08 17:00

横綱白鵬、新型コロナ感染で踏んだり蹴ったり…地上初「注意」はどうなる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

菅総理、二階の「五輪やめる」発言に怒り心頭も…

今週の注目記事・第1位「小室圭さんのウソ証拠...…
写真
インタビュー

なかやまきんに君インタビュー

 昨年から引き続き日本を席巻している筋トレブーム。パーソナルトレーナーは一般化し、N...
写真