日刊サイゾー トップ > スポーツ > 大相撲  > 休場続きの鶴竜、引退先延ばしの本音

鶴竜、引退先延ばしの本音…大相撲・横綱が2人も休場続きの驚愕事態にファンも唖然

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

鶴竜、引退先延ばしの本音…大相撲・横綱が2人も休場続きの驚愕事態にファンも唖然の画像1
写真/GettyImagesより

 大相撲の横綱審議委員会が23日に開かれ、休場が3場所にわたり続いている横綱の白鵬と鶴竜を“注意”決議した。

 横審の内規において、横綱に対しては「激励」「注意」「引退勧告」を行うことができると定められている。過去には横綱の朝青龍が酒に酔い、男性を暴行したとして「引退勧告」が決議されたり、2018年の九州場所後には欠場が続いていた横綱の稀勢の里に対して「激励」を決議されたことがある。

 鶴竜に関して角界関係者は「ケガが理由での休場であればまだしも、どうもそういった事情ではない部分の割合が多いのでは?」と首をかしげている。というのも、鶴竜自身が第2の人生を意識した上で、意図的な休場決断をしているとみるからだ。

「彼自身とすれば、とにかく引退を先延ばしをしたいのが本音。理由は2つ考えられて、1つは引退後も日本に残り後進の指導にあたりたいが、実現させるには日本国籍の取得が必須。ですが、まだ得られていません。もう1つは、親方になるには誰かから年寄株を買ったり、譲ってもらう必要があるのですが、これも目処がついていないようだ」

 裏返せば、これらが改善される見込みがあれば、前進するということ。鶴竜は新たな局面を迎えることができるのだろうか。

最終更新:2020/11/25 13:00
関連キーワード

鶴竜、引退先延ばしの本音…大相撲・横綱が2人も休場続きの驚愕事態にファンも唖然のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真