日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 鷲見玲奈アナすでに“田中みな実”超え?

元テレ東・鷲見玲奈アナ、女優業進出で新境地開拓!?  すでに“田中みな実”超えか

文=田中七男

元テレ東・鷲見玲奈アナ、女優業進出で新境地開拓!?  すでに田中みな実超えかの画像1
所属事務所ウェブサイトより

 2020年3月でテレビ東京を退社し、フリーに転向した鷲見玲奈アナが10日に放送された、本田翼主演のスペシャルドラマ『アプリで恋する20の条件』(日本テレビ系)で女優デビュー(アナウンサー役を除く)を果たした。

 同作はマッチングアプリを通じて出会う男女の恋の駆け引きを描いたラブコメディ。鷲見は自称バツイチ(実際には離婚していない)の美女・咲子役で、マッチングした「ヤリモク」の遥斗(野村周平)を思わせぶりな態度で翻弄する年上女性を演じ、野村とのキスシーンにも挑戦した。

「当初は出演シーンも少なく、チョイ役かと思われていましたが、意外に出番、セリフが多く、演技力もまずまず。少なくとも棒演技ではなく、鷲見を知らない視聴者なら、彼女の本職が女子アナとは思わなかったのでは? 共演した山本舞香より、よっぽどインパクトがあったと言ってもよかった。漂うお色気もただならぬものがありましたし、たとえば泉里香のようなセクシー系の“オトナの女性”といった役柄で勝負すれば、案外需要があるかもしれないですね。本人も女優業への本格的な進出もまんざらではないようですから、新境地を開拓できるかも」(テレビ誌記者)

 フリーに転向したのがコロナ禍の真っただ中ということもあり、現状アナウンサーとしての需要はイマイチなだけに、女優業へのチャレンジはある意味、絶好のチャンス到来かもしれない。

 女子アナの女優業進出といえば、最近ではなんといっても田中みな実の例がある。

 田中は演技に挑戦してみたところ、上々の評価を得て、浜崎あゆみをモデルにしたドラマ『M 愛すべき人』(テレビ朝日系)での快演が話題を呼んだ。その後、所属事務所を移籍し、女優シフトに転じ、20年末にはNHKドラマへの出演も果たした。

「田中みな実は、『M』で唯一の見どころとさえ評されたことに気をよくし、本格的に女優参入を目指して事務所も移籍をしたともいわれています。ただ、『M』の場合は、大げさな演技がみどころ。あの手の役は演技ができない人に、メリハリを持たせるためにやらせることなので、あのまんまで他のシリアスなドラマに起用するのは厳しいと思いますけどね。その点、鷲見さんはドラマの邪魔はしていなかったかな、という印象です」(ドラマ制作スタッフ)

 最低限の演技力は有しているだけに、鷲見も持ち前のルックスやプロポーションを生かせるような役柄をチョイスしていけば、“第二の田中みな実”になれる可能性はありそう。もし本気なら、アナウンサーやキャスターがメインのセント・フォースからは離れた方がいいかもしれないが・……。

田中七男

最終更新:2021/01/16 10:00

元テレ東・鷲見玲奈アナ、女優業進出で新境地開拓!?  すでに“田中みな実”超えかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

8歳から内職、経験職種は100種類…作家「爪切男」

 デビュー作『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)で自分の愛した女性たちを描き、ドラマ化さ...
写真