日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 『馬好王国』での「乳揺れ第3波」に視聴者がクギ付け

ダイエット成功の鷲見玲奈、『馬好王国』での「乳揺れ第3波」に視聴者がクギ付け

所属事務所ウェブサイトより

 痩せても大事な“商売道具”は健在!

 11月10日の『踊る!さんま御殿‼』(日本テレビ系)に、フリーアナウンサーの鷲見玲奈が出演。ダイエット成功時に言われて憤慨した一言を明かした。

「以前よりダイエットに励んでいたという鷲見ですが、3月にテレビ東京を退社した頃から5キロほど痩せたそう。『人生で初めてダイエットに成功して、ようやく自分の好きな体形に近づけた』と、現在のボディに満足している様子でした。しかし、親しくない男性から『もうちょっと太ってたほうが好きだった』と言われたと言い、『なんであなたの好みを言われないといけないの』と気分を害したそうです」(テレビ誌ライター)

 テレ東時代から女子アナ界きっての巨乳で知られた鷲見だが、フリー転身後には「週刊プレイボーイ」(集英社)や「週刊ヤングマガジン」(講談社)のグラビアを飾り、推定Gカップ豊満バストのボリュームがクッキリわかる薄着で、開いた胸元から谷間を見せつけている。

 さらに、鷲見の「乳揺れ第3波」が見られたのが、11月7日の『馬好王国』(フジテレビ系)でのこと。週刊誌記者が興奮した口調で言う。

「鷲見は、二の腕をあらわにした紺の衣装で出演。見事予想を的中させると、腕を上げたまま大喜びで何度も飛び跳ねていました。筋トレの成果から、二の腕がムキムキでしたが、それと対比するかのようにやわらかそうなバストが上下に揺れ、ブルンブルンと波打っているのがしっかり確認できました。前かがみになってレースを食い入るように見ている際には、胸元の谷間がチラ見えし、ネット上では『ブラチラしていた』と大盛り上がり。彼女のバストに焦点を当てた動画が拡散しています」

 先日、週刊誌で元カレから「バストを盛っていた」と暴露された鷲見だが、全体がシェイプアップされたことで、胸元のシルエットをより鮮明に堪能することができるようになり、今まで以上に“視聴者好み”のカラダになったようだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/11/14 00:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed