日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズJr.定年制度にファン憤慨

ジャニーズJr.22歳の“定年制度”に「滝沢はスノストをデビューさせておいてJr.の首絞めるのか?」一部ファン憤死

文=岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

“遅咲きデビュー”の成功例は捨てていくのか?

 Snow Manを長く応援する古いファン曰く「ぶっちゃけSnow Manのアイドルとしてのピークは、10年前だと思います。Hey! Say! JUMPのコンサートでバックで踊っていてキラキラ輝いていた。当時のコンサート会場は、伊野尾くんのウチワ(Hey! Say! JUMP)より渡辺翔太(Snow Man)のウチワのほうが多かったことさえあったんですよ。そこから10年たって、スノのピークは過ぎちゃった。それでも2019年にデビューしてCDが100万枚売れました。現在はアイドルの苦労話=物語性が好まれる時代。ずっとデビューできずに下積みを重ねたスノの物語性をうまく世間に出して、好感度を獲得したのかなと思う。結果的に遅咲きのスノストは成功したし、タッキーだってアラサーJr.を重宝していた部分もあるのに22歳終了制度をつくるのはもったいないと思う」と語る。

 ジャニーは、ブロードウェイで40代~50代の役者が円熟味を出した演技をしている様子に感動し、年を重ねても客を楽しませるのが本当のエンターテイナーだとも語っていたという。だからAKBやハロプロが取り入れている卒業制度を作らずに、ここまできたのかもしれない。滝沢がせっかく成功させたスノスト高齢デビュー・ビジネスモデルを手放してしまうジャニー事務所。それが成功するのか失敗するのか、長いスパンで見守っていきたい。

岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

ジャニーズJr.の現場に通う兼業ライター。帝国劇場にある猪熊弦一郎のステンドグラスを愛している。

最終更新:2021/01/18 11:00
12

ジャニーズJr.22歳の“定年制度”に「滝沢はスノストをデビューさせておいてJr.の首絞めるのか?」一部ファン憤死のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真