日刊サイゾー トップ > 芸能  > ジャニーズ、池脇千鶴、J.Y. Park…週末芸能報道

ジャニーズJr.の残酷契約、正月に”老けた”タレントは、J.Y. Parkへの批判…週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー

ジャニーズJr.の残酷契約、正月に老けたタレントは、J.Y. Parkへの批判…週末芸能ニュース雑話の画像1

記者I 年始から2度目の緊急事態宣言が出るなか、芸能界やエンタメ業界からはきな臭い話が続々と。本年もしっかり話題の記事を伝えていきたいと思いますので、よろしくお願いします。今週末に飛び込んできたのは「ジャニーズJr.に22歳での活動終了制度を導入」といったもの(参照記事)。22歳に達した時点で活動継続かどうかを事務所と話し合って、合意に到らなかったら即契約終了という制度だそうです。

デスクH なかなか色々と考えさせられる制度だよねぇ。そもそも事務所側のメリットがすごすぎる(笑)。不良債権になりそうなJr.は合意しなければ一方的に切れるわ、Jr.は死に物狂いでデビューを目指すことになるしで事務所しか得しないでしょ。最近、辞めジャニの活動を容認するようになったのは今回の制度の布石だったのかね。

記者I さすがに22歳で放り出して、その後の圧力かけられませんよねぇ。しかし、Jr.は少なくとも22歳までは決して不祥事を起こせなくなりましたね。一方で不倫によって無期限活動自粛になっても愛人との関係を清算せずにしれっと復帰するなんて噂の大先輩もいるわけで(参照記事)。

デスクH 近藤真彦は活動自粛で各所に迷惑をかけまくったから、復帰したってろくな仕事なんてないだろうに(苦笑)。しかし、ジャニーズJr.の契約改正はこのタイミングでの発表でSixTONESとSnow Manのメンバーはよかったかもね。ラウール以外はほとんど22歳超えてたでしょ。年末年始も結構テレビで見かけたし(参照記事)。

記者I YouTubeチャンネルをやっているJr.は再生回数を伸ばしまくって早いデビューを狙っていくでしょうね。なにわ男子と美 少年、Travis Japanあたりは今年デビューも噂されていますが、IMPACTorsも突如MVを公開したりとJr.周りの動きが慌ただしいようです(参照記事)。

デスクH IMPACTorsのMV公開にHiHi Jetsのファンが噛みついたんでしょ(苦笑)。去年からの新体制は色々と軋轢を引き起こしているから、今年も問題が起こるだろうなぁ……。

123

ジャニーズJr.の残酷契約、正月に”老けた”タレントは、J.Y. Parkへの批判…週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

フースーヤ、舞い戻る

 2016年年末、芸歴1年目にしてフジテレビの若手発掘番組『新しい波24』で華々しく...
写真