日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズJr.定年制度にファン憤慨

ジャニーズJr.22歳の“定年制度”に「滝沢はスノストをデビューさせておいてJr.の首絞めるのか?」一部ファン憤死

文=岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

ジャニーズJr.22歳の定年制度に「スノストをデビューさせておいてJr.の首絞めるのか?」一部ファン憤死の画像1
滝沢秀明

 ジャニーズ事務所が、ジャニーズJr.に22歳での活動終了制度を導入することを公式サイトで発表した。これに対しファンの反応はさまざまで「一般の大学生が就職する時期に、いったん事務所と話し合える制度を作ったのは親切」など賛成の声もある一方、怒り狂っているジャニーズJr.ファンもいる。それもそのはず、現在の“推し”が22歳というタイムリミットによって辞めざるを得なくなる可能性が出てきたからだ。

 知人の広告代理店関係者いわく「SixTONES やSnow ManがジャニーズJr.時代、アラサーになるメンバーがいても誰も事務所をやめなかった。これは芸能界全体にいえることだけど、上の世代が居座ると下の世代は詰まってしまう。ジャニーズもこれを解消するためにスノストをデビューさせた意味合いもあった」とのこと。

 ジャニー喜多川は、平野紫耀たちの直談判でKing&Princeをデビューさせたのを最後に、デビューアイドルのプロデュース業からは足を洗った。最後のKing&Princeですら、ジャニーは当初SMAPのレコード会社だったビクターエンタテインメントに任せるつもりだったが、メリー喜多川&ジュリー藤島親子の横やりが入り、勝手にユニバーサルミュージックとの契約を進められてしまったと「週刊文春」で報じられていた。つまり、ジャニーはすでにJr.のデビューの裁量権を奪われていたということだ。

 そうした経緯もあってか最晩年のジャニーは、当時10代ばかりが集まるJr.のコンサート・舞台づくりに没頭。ジャニーが亡くなる直前の2019年春には、「シアタークリエ」で行われていた少年忍者の公演にほぼ毎日、髙橋優斗(HiHi Jets)や岩﨑大昇(美 少年)などを呼びつけたりもしていたそうだ。ジャニーは彼らを見学席で隣に座らせたり、岩﨑に舞台で演歌を歌わせたりと、完全に私的な楽しみに走っていた印象だった。

 ジャニーはそもそも「少年好き」だ。アラサーJr.への興味が希薄だったことも、ファンなら知っている。平均年齢がアラサーに差しかかろうとしていたスノストや宇宙Sixなど、“とうが立ったJr.”のケアを積極的に行っていたのが滝沢秀明だった。

12

ジャニーズJr.22歳の“定年制度”に「滝沢はスノストをデビューさせておいてJr.の首絞めるのか?」一部ファン憤死のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真