日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズ22歳定年ルール肯定論

ジャニーズJr.「22歳定年」肯定論 若さにこだわらない滝沢体制、ベテランはむしろチャンス?

文=日刊サイゾー

ジャニーズJr.「22歳定年」肯定論 若さにこだわらない滝沢体制、ベテランはむしろチャンス?の画像1
滝沢 秀明

 ジャニーズ事務所は、「ジャニーズJr.」の活動期間を22歳までにすると発表した。ジャニーズJr.のメンバーは、原則的に満22歳到達後最初の3月31日までが契約期間となり、そこでその後の契約についてジャニーズ事務所と話し合いをし、合意に至らなければ活動終了となる。この制度は準備期間をへて、2023年3月31日より適用する予定だという。

 ジャニーズ事務所の“デビュー予備軍”であるジャニーズJr.は、中高生のメンバーがメインとなるものの、最近はメジャーデビューを果たせずに20代半ばまで活動を続けるケースも多い。ジャニーズJr.としての活動に専念しすぎるがゆえに、社会経験が乏しいメンバーもおり、そういった状況から“不祥事”につながっているのではないかとの指摘もあった。

「事務所は『ジャニーズJr.の進路を考えて』と言っているが、これは建前ですよ。コロナの影響もあって、ジャニーズJr.の活動の場も減り、そこまで多くのメンバーを抱えていられないということもあるでしょう。ていの良いリストラという側面は否めません」(音楽業界関係者)

 しかし、現在22歳を超えているジャニーズJr.のメンバーも少なくない。Jr内ユニットのTravis Japan、7 MEN 侍、なにわ男子、Aぇ! groupなどにはすでに22歳以上のメンバーも含まれている。

「年齢制限ルールを設けたからといって、すでにファンが付いているこれらのグループを解体するとはさすがに考えにくい。それにジャニーズJr.の育成を担当している滝沢秀明副社長も、Jr.に対しての思い入れもあるだろうし、簡単にリストラの対象にするはずはない。既存グループの活動が継続となるのは既定路線でしょうし、なんなら順次メジャーデビューをしていく計画もあると思います」(レコード会社関係者)

 つまり、“22歳定年ルール”によって、メジャーデビューが近づくメンバーたちも多いということだ。

12

ジャニーズJr.「22歳定年」肯定論 若さにこだわらない滝沢体制、ベテランはむしろチャンス?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

女性の強さで人間の生を描いた 相米慎二『あ、春』

 こんばんは! 宮下かな子です。陽射しが少し...…
写真
インタビュー

Kダブが語るトランプと共和党論

 いち人間としてトランプを支持するだけでなく、ヒップホップというフィルターを通し...
写真