日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 巨人「ナベツネパワー低下」か

桑田真澄氏巨人復帰の影で露呈する「ナベツネパワー低下」か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

桑田真澄氏巨人復帰の影で露呈する「ナベツネパワー低下」かの画像1
GettyImagesより

 プロ野球、読売ジャイアンツの2021年投手コーチ補佐に桑田真澄氏が就任することが先日発表された。キャンプインまで1か月たらずの、この時期における人事発表は異例ともいえる。裏には何があったのか。

 古参のファンならずとも、1990年代、長嶋茂雄監督率いる巨人は巨大戦力を擁してリーグ優勝の常連組だったのは記憶に新しい。その顔ぶれもそうそうたるメンバーで、特に他球団から4番打者を引き抜く手法は当時、他球団のファンからも揶揄されたが「江藤智(広島)、広澤克己(ヤクルト)、清原和博(西武)など長距離砲が揃い派手な空中戦にも対応していたのが懐かしい」(スポーツ紙プロ野球デスク)という。

 その頃から、何度も節目節目に応じてメディアに登場し、辛辣な発言を繰り返していたのが当時、球団オーナーだった渡辺恒雄氏だった。現在は読売新聞主筆という立場だが、当時は主に九段下にある高級ホテルで会食することが多く、帰路につく時間になると番記者がわんさかやってきてはコメントを取ろうと必死になった。

「ナベツネさんは昔も今も政財界とのパイプも強く、なおかつ球界への発言力は絶大。いわば無敵の存在だったわけです。それは選手にとっても同じで、メジャーリーグ移籍を画策した桑田氏にも厳しい言葉を投げかけたのは有名な話。背景には桑田氏の親族が抱えた借金問題を肩代わりしたことを巡って確執があったとされています」

 ところが2008年以来、グラウンドから遠ざかった桑田氏がいくら全権掌握をしている原辰徳監督たっての希望とはいえ、チームの重要ポストにに入れたのはなぜなのか。やはりここにも「渡辺恒雄氏の動向が影響している」と全国紙運動部デスクが語る。

「実は昨年の寒くなった時期、渡辺氏が体調を崩し入院したという情報を関係者から耳にしています。期間は1か月程度で退院したのですが、今年5月には95歳になり体調が心配されています。今では脳梗塞で倒れて体調が心配されていた長嶋茂雄氏よりも『ナベツネさんのほうが心配』と口にするメディア関係者も実は多いのです。そんな状況ですから、桑田氏とは確執も何も言ってられないでしょう」

 通算173勝の桑田氏が、巨人のコーチとして戻れたのはほかならぬナベツネパワーの低下が影響しているのかもしれない。

最終更新:2021/01/22 17:00

桑田真澄氏巨人復帰の影で露呈する「ナベツネパワー低下」かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

森喜朗氏の女性蔑視発言が海外でもいじられている!

「東京オリンピック・パラリンピックの組織員会...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オ...
写真