日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > M-1“マヂラブは漫才なのか”論争

M-1「漫才かどうか論争」の背景にある“西高東低の崩壊” 関西芸人が漫才を牽引する時代は終わるのか

文=日刊サイゾー

M-1「漫才かどうか論争」の背景にある西高東低の崩壊 関西芸人が漫才を牽引する時代は終わるのかの画像1
マヂカルラブリー(吉本公式サイトより)

 マヂカルラブリーが優勝が決定し、それで大団円とはならなかった『M-1グランプリ2020』。ネット上では、“マヂラブは漫才なのか”という議論が勃発してしまった。

 ボケの野田クリスタルが縦横無尽に動き回り、離れて見ている村上がツッコむというスタイルは、たしかにオーソドックスな“しゃべくり漫才”ではない。ただ“しゃべくり漫才”だけが漫才だというわけでもない。

「漫才には無数のスタイルがあって、“これこそが漫才だ”というものがあるわけではない。しかし、今回は審査員のオール巨人師匠がしゃべくり漫才に頑張ってほしいというようなコメントをしたこともあり、“マヂラブは漫才ではない”という意見が出てきてしまったという側面もあります」(お笑い事務所関係者)

 これまでデビュー以来、“しゃべくり漫才”のスタイルを貫いてきたオール巨人。だからこそ、オーソドックスな漫才が勝てなかった事実に、思うところもあったのだろう。

「今年のM-1については、関西芸人があまり奮わなかったというのも、巨人師匠の不満点だったのかもしれないません」(同)

 大阪のABCテレビが制作する『M-1グランプリ』。当然ながら、漫才の本場である大阪のほうが大きく盛り上がるというイメージも強い。そういった事情もあり、これまでは関西芸人が有利となる“西高東低”と言われてきたが、今年の大会では“東高西低”に逆転してきていたという。

「敗者復活を除く決勝進出メンバー9組のうち、大阪吉本所属はアキナと見取り図の2組のみ。しかも、アキナは“漫才コント”だったし、見取り図も1本目は“漫才コント”で、ニューヨーク、オズワルド、ウエストランド、東京ホテイソンといった東京の芸人たちこそが“しゃべくり漫才”を披露していた。まさに、“東高西低”の現実が露呈された大会だったんです」(同)

 これは予選においても“東高西低”の傾向があったという。予選をウォッチしていたという構成作家が話す。

「実はここ数年、“しゃべくり漫才”が流行っているんです。ビシッとスーツを着て、マイクを挟んで会話だけで笑いを取るというスタイルの漫才師が増えている印象があります。でも、残念ながらそれが功を奏しているというわけではなく、特に関西芸人のしゃべくり漫才は、相方の容姿や出身地などをイジるような、古いタイプの笑いも多い。

 一方、東京芸人は同じしゃべくり漫才でも、自分のセンスや独特のアイデアを盛り込んでいるものが多く、多様性のある笑いが実現できている。大阪の賞レースで、コウテイのようなオーソドックスなスタイルとはかけ離れたコンビこそが結果を出しているのは、大阪のしゃべくり漫才の進化が停滞している証拠とも言えるでしょう。そんななかでマヂラブが優勝したのは、まさに象徴的な出来事ですね。関西芸人が漫才を牽引していくという時代はすでに過去のものとなってきているのだと思います」

 常に進化していくのがお笑いというもの。しゃべくり漫才にこだわるのはいいが、進化を止めてしまっては意味がないのだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/26 12:00

M-1「漫才かどうか論争」の背景にある“西高東低の崩壊” 関西芸人が漫才を牽引する時代は終わるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

瓜田純士、夫婦間の山一抗争勃発!?

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、瓜田純士が夫婦名義で新曲を作った。タイトルは「...
写真