日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 賞を逃した加藤シゲアキと尾崎世界観

直木賞・芥川賞を逃した加藤シゲアキと尾崎世界観 2人の“話題性”に期待する出版界

文=日刊サイゾー

直木賞・芥川賞を逃した加藤シゲアキと尾崎世界観 2人の話題性に期待する出版界の画像1
加藤シゲアキ

 第164回芥川賞・直木賞の選考会が1月20日に開かれ、宇佐見りん『推し、燃ゆ』が芥川賞を、西條奈加『心淋し川』が直木賞を受賞した。

「今回は直木賞にNEWSの加藤シゲアキが、芥川賞にクリープハイプの尾崎世界観がノミネートされており、その2人が受賞するのではないかという声も大きかった。アイドル、ミュージシャンという肩書きの話題性はもちろん、2人とも作家としての評価も高いので、単なる“客寄せパンダ”のノミネートではないと言われていました」(出版社関係者)

 日本でもっとも注目度が高い芥川賞・直木賞においては、“話題性”が先行する候補が選ばれることも少なくない。

「出版業者としては、文学作品のベストセラーが生まれることが最高のステータスであり、最大の目的。少しでも、文学に興味を持ってもらうために、“ヒキ”のある作品を候補にするというのはよくあること。古い話ですが、2003年に当時19歳の綿矢りさと20歳の金原ひとみが芥川賞を同時受賞したときなどは、それぞれ史上1位と2位の若さで、大いに話題になった。“話題先行”などと揶揄されることもありました。

 また、2015年に芥川賞を受賞したピースの又吉直樹の『火花』は単行本が230万部ほど発行されており、こちらは芥川賞受賞作では史上1位の発行部数と言われています。まさに、知名度と話題性が高い作家の作品が受賞したことで、売れに売れたという典型的なケース。出版社が望んだ通りの展開です」(同)

 今後、話題性が高い加藤シゲアキと尾崎世界観の受賞はあるのだろうか。

「2人とも、今回は初のノミネートだったんですが、今後も候補となる可能性は十分にあると思います。加藤はすでに5冊の小説の単行本を発行しており、作家としての実績も積んでいる。尾崎については、小説よりもエッセーのイメージが強いんですが、将来性は十分すぎる。2人とも、今回受賞を逃したおかげで、“次はどうなるのか?”という期待の目線も向けられているので、出版業界はその雰囲気を逃す手はない。今後も、有力な候補となっていくはずです」(同)

 この2人が、文学界を引っ張っていく未来もありそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/26 08:00

直木賞・芥川賞を逃した加藤シゲアキと尾崎世界観 2人の“話題性”に期待する出版界のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

DDTレスラー4人衆のサウナ愛

「ととの・う」―1 必要なものがすべてそろう。「材料が—・う」「準備が—・う」2 き...
写真