日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 竹内涼真、中条あやみを「アイツ」呼びで“オラオラ”が上書き

竹内涼真、『ぐるナイ』で中条あやみを「アイツ」呼びし“オラオラ”が上書き…ドラマにも悪影響?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

竹内涼真、『ぐるナイ』で中条あやみを「アイツ」呼びしオラオラが上書き…ドラマにも悪影響?の画像1
写真/GettyImagesより

 『ぐるぐるナインティナイン 2時間スペシャル』(日本テレビ系)が1月21日に放送され、人気コーナー『グルメチキンレース ゴチになります!』の新メンバーに、モデルで女優の中条あやみと俳優の松下洸平が決定したことが明らかになった。

「盛り上がったのは、番組開始ともにいた覆面女性を当てる場面。“見届け人”としてゲスト出演した竹内涼真、出川哲朗を含むゴチメンバーが『頭蓋骨が小さすぎる!』『良い匂いがする…』などとドキドキした様子で予想合戦を展開。最終的には滝沢カレンと中条の2択にまで絞られることに。

 結果、中条だとわかると、ネット上では『あの顔の小ささは中条あやみしかおらんやろ』『中条あやみちゃん大好きすぎて嬉しい』『中条あやみが出るならゴチ見よう』と歓喜の声が続出しました。一方、松下の登場はあっさりしたもの。19年後期のNHK朝ドラ『スカーレット』や、昨年10月期のドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)で注目されているとはいえ、一般知名度はまだまだ。ナインティナインの2人やNEWS・増田貴久も『誰?』という表情を隠せず、おそらく知らない俳優だったと思われます。松下が出てきた時のスタジオの静けさは放送事故でしたね」(テレビ誌ライター)

 そんななか、番組で竹内が発した一言がネット上をざわつかせていたという。

「当初、竹内は覆面女性を松本まりかだと予想。しかし、その後のヒントから迷いはじめ、中条だと予想変更。その過程で竹内が彼女のことを『アイツ』と呼ぶ場面があったのです。中条は現在放送されている竹内の主演ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)にヒロインとして出演しています。しかし、 いくら今ドラマで共演しているからといって、ドラマの現場ではないところで『アイツ』と呼ぶのは相応しくありません。竹内といえば、昨年5月に女優の吉谷彩子から三吉彩花への“乗り換え愛”が発覚した際、オラオラ系の素顔がバレてアンチの女性が急増していましたが、今回もその一面をノゾかせてしまった形です」(女性誌記者)

 番組では、今年の抱負を「マジで大ヒット」と書初めして主演ドラマをアピールした竹内。1月17日の初回平均視聴率は8.4%と爆死していたが、中条に対して彼氏ヅラのような一面を見せたことで、またぞろ視聴率は急降下していくかもしれない。

最終更新:2021/01/25 22:00

竹内涼真、『ぐるナイ』で中条あやみを「アイツ」呼びし“オラオラ”が上書き…ドラマにも悪影響?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真