日刊サイゾー トップ > 芸能  > 花江夏樹のモデルは『ジョジョ』原作者!?

鬼滅声優・花江夏樹のモデルは『ジョジョ』の原作者!?『オー!マイ・ボス!』裏設定に注目集まる

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』公式サイトより

 1月19日、上白石萌音主演の『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』(TBS系)第2話が放送された。世帯平均視聴率は11.3%(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)と初回からほとんど下がらず、2桁台をキープしており好調だ。

 『オー! マイ・ボス!』は、ファッション誌編集部という一見華やかな世界で、地味な主人公が奮闘する明るいお仕事ラブコメディ。第1話の最後で、潤之介(玉森裕太)の偽装恋人になった奈未(上白石)。鬼上司である宝来麗子(菜々緒)を姉だと紹介されて動揺した奈未が、とっさについてしまった嘘からストーリーが展開した。

 そんな第2話で、話題の人物がゲスト出演した。『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎役でおなじみの声優・花江夏樹だ。事前に告知もされていたが、ドラマで声を耳にして初めて気がついた視聴者も多かったよう。花江が演じたのは、ファッション誌とのコラボを依頼される、穏やかながら凄腕の漫画家・荒染右京(あらぞめうきょう)だ。世界的に人気があるというこの荒染という人物だが、モデルになったのではと思われる漫画家がいる。『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズで有名な人気漫画家・荒木飛呂彦だ。

 荒木の手がける『ジョジョの奇妙な冒険』は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1987年から連載がはじまり、30年以上経ったいまでも続編が連載され続けている人気作品だ。2020年末、シリーズのスピンオフ作品『岸辺露伴は動かない』がNHKでドラマ化、高橋一生が主演して話題となった。海外では「JOJO」の名で親しまれ、フランスのパリやイタリアのフィレンツェで個展も開かれるほど。荒木は世界的な知名度、実力ともに申し分ない漫画家として、今年開催予定の東京パラリンピックで公式アートポスターも担当している。

 実際に、荒木にはファッション誌とのコラボで大いに話題になった実績がある。2011年に女性ファッション誌「SPUR」(集英社)の表紙を、イタリアのハイブランド「GUCCI(グッチ)」とコラボした荒木の絵が飾ったのだ。その後も荒木は『ジョジョ』シリーズのキャラクターとともに「BVLGARI(ブルガリ)」や「BALENCIAGA(バレンシアガ)」など名だたるブランドと続々コラボをしている。また世間的にもこれがきっかけとなり、ハイブランドと漫画やアニメのコラボレーションが増えていった。

 このファッション雑誌の世界で印象的だった出来事が、『ボス恋』第2話のネタになったのではと思われる。漫画家の役名に「荒」の文字が入っているのも、荒木飛呂彦本人へのリスペクトではないだろうか。このようにファッション業界の実際の話題が散りばめられているのは、『ボス恋』のおもしろいところかもしれない。一部では映画『プラダを着た悪魔』のパクリではというよくない評判もあるが、二番煎じのつまらないドラマにならないためにも、深掘りするとおもしろいネタはどんどん散りばめてほしい。

 今が旬の人気声優が顔を出して、視聴率だけでなくSNSでも話題となることに成功した『ボス恋』。次回はどのようなネタを仕込んでくれるのか、楽しみにして待ちたい。

■番組情報
火曜ドラマ『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』
TBS系/毎週火曜日22時~
出演:上白石萌音、菜々緒、玉森裕太、間宮祥太朗、久保田紗友、亜生(ミキ)、秋山ゆずき、太田夢莉ほか
脚本:田辺茂範
演出:田中健太、石井康晴、山本剛義
プロデュース:松本明子
音楽:木村秀彬
主題歌:Kis-My-Ft2 「Luv Bias」(avex trax)
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2021/01/26 12:43

鬼滅声優・花江夏樹のモデルは『ジョジョ』の原作者!?『オー!マイ・ボス!』裏設定に注目集まるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『水ダウ』“陰口ドッキリ”のずるさ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

森達也監督が初の劇映画に挑む理由

 ゴーストライター事件で騒がれた佐村河内守氏...…
写真