日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > キンコン西野、今度は芸人支援企画

キンコン西野、今度は芸人支援企画! オンラインサロンに潜入し、西野信者を味方につける後輩芸人が続出?

文=日刊サイゾー

キンコン西野、今度は芸人支援企画! オンラインサロンに潜入し、西野信者を味方につける後輩芸人が続出?の画像1
西野亮廣

 原作・脚本・製作総指揮を担当するアニメ映画『えんとつ町のプペル』が公開中のキングコング西野亮廣。様々なところで豊かな才能を発揮し、先輩の東野幸治から“新世界の創造主”と呼ばれる西野が、今度はコロナ禍で苦しむ芸人の支援に乗り出した──。

 西野は1月25日のブログで、コロナ禍で仕事が減っている“劇場芸人”に対し、1日1組限定で10万円の支援をする企画を発表した。西野のYouTubeチャンネルを『プペル寄席』と改名し、そこで1日1組ネタを披露してもらい、そのギャラとして10万円を支払うというもの。西野にとっては映画の宣伝というメリットがあるという。25日には、その第1弾としてバンビーノが約30分にわたってネタライブを配信した。芸能事務所関係者はこう話す。

「ネットでは、オンラインサロンを開いて“信者ビジネス”をしているなどと、揶揄されることも多い西野さんですが、芸人の間では西野さんを悪く言う人はあまりいません。もちろん。西野さんのやっていることは“お笑いではない”と賛同しない芸人は多いんですが、でも西野さんの人間性そのものまで否定されるようなことはない。基本的にはただ単に熱くてピュアな人ですからね。たまたまビジネスセンスがあったということです。だから、今回の“プペル寄席”についても、芸人の間では前向きに受け入れられているのではないでしょうか。

 ちなみに本当に嫌われているのは、どちらかといえば相方の梶原さんのほうですね。後輩には当たりがキツイし、何かと自慢をしてくるしで、面倒くさい先輩だと言われています」

 実際に、西野の“支持者”になっている後輩芸人もいるようだ。

「オンラインサロンには、西野さんの熱心な“支持者”がたくさんいて、その支持者たちがお金を生み出しているわけです。その手腕を盗もうとしている芸人もたくさんいる。なかには、実際にオンラインサロンのメンバーとなることで、同じ“西野の支持者”を味方につけている芸人もいますよ」(同)

 タレントが某信仰宗教団体の信者となれば、その団体の信者が応援してくれるため、人気が上乗せされ、結果的に仕事が増える──などという話がよくあるが、西野のオンラインサロンにおいても同様の事象があるようだ。

「西野さんだけでなく、中田敦彦さんのオンラインサロンなど、熱心な信奉者がいる芸人を上手く利用しようとする芸人はたくさんいます。西野さんや中田さんも、そのあたりは十分に理解しているはずで、だからこそ西野さんは今回の芸人サポート企画を打ち出して、逆に芸人たちを利用しようともしている。さすがのビジネスセンスです」(同)

 ただ黙々とネタに打ち込んでいるだけでは、なかなかチャンスがめぐってこないお笑い界。多少狡猾なくらいでないと、生き残れないのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/28 08:00

キンコン西野、今度は芸人支援企画! オンラインサロンに潜入し、西野信者を味方につける後輩芸人が続出?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

女性の強さで人間の生を描いた 相米慎二『あ、春』

 こんばんは! 宮下かな子です。陽射しが少し...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を...
写真