日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 米国「水素トラック」誕生のはずが詐欺!?

アメリカでついに水素で動くトラック誕生!……のはずが詐欺スキャンダルへ!?

文=自動車

悪用ばかりじゃない? コロナで苦境のエアービーも

「別にSPACが悪いんじゃないぜ。高い手数料と時間が発生する旧来のIPO(株式上場)に対する、新しいアプローチだと評価するべきだ」(米メディア記者)

 実はこれは、ニコラのような怪しいベンチャーの受け皿になった一方で、シリコンバレーの有名投資家なども次々と参加を表明しているのも事実だ。たとえば、2019年にSPACによって上場した「ヴァージン・ギャラクティック」は、かの有名なヴァージン・グループ創業者がつくった、宇宙旅行ベンチャーのパイオニアだ。

 このヴァージン・ギャラクティックの上場によって、SPACブームに一気に火が付いた。

 有名ヘッジファンド創業者であるビル・アックマン氏は、これを使って約40億ドル(約4200億円)という金を集めて、民泊サービスの「エアービーアンドビー」の買収を狙っていたとされる。

 新型コロナによって、有名ベンチャーのエアービーアンドビーも苦しい経営を強いられており、そうしたベンチャーをSPACで一気に上場させようというアイディアだろう。

 変わり種でいけば、世界的ベストセラーになったノンフィクション『マネー・ボール』の主人公であり、現在はメジャーリーグ球団の副社長のビリー・ビーンも話題になっている。

 彼はこのスキームを使って、ヨーロッパのプロサッカーチームの買収合併を計画しているとされる。具体的に、プレミアリーグのリバプールと交渉中だという話まで漏れてきているから驚きだ。

「結局、世界ではお金が大量に余っており、良い投資先を求めて、SPACのような仕組みにお金が流れ込んできているのです」(渡辺氏)

 実はニコラだけではなく、アメリカでは本物か偽物か、区別のつかないEVメーカーが続々とSPACによって上場している。

 フィスカー(2020年7月上場)、ローズタウン・モーターズ(2020年8月上場)、カヌー(2020年8月上場)と、まるでお祭り騒ぎのような上場ラッシュに沸いているのだ。

 そこから一社でも「本物」が生まれたら、ニコラのスキャンダルも、必要悪だったとみなされるのかもしれない。

後藤直義(ごとう・なおよし)
1981年生まれ。青山学院大学文学部卒。毎日新聞社、週刊ダイヤモンドを経て、2016年4月にソーシャル経済メディア『NewsPicks』に移籍し、企業報道チームを立ち上げる。グローバルにテクノロジー企業を取材し、著書に『アップル帝国の正体』(文藝春秋)など。

最終更新:2021/01/28 07:00
12

アメリカでついに水素で動くトラック誕生!……のはずが詐欺スキャンダルへ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

ホットなヒップホップ・グループ「舐達麻」の3人が大麻について大いに語ってくれた昨年のイン...
写真