日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鈴木奈々らが「フワちゃん被害者の会」結成で共闘⁉

鈴木奈々、矢口真里、丸山桂里奈が「フワちゃん被害者の会」結成で共闘、逆襲開始⁉

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

鈴木奈々、矢口真里、丸山桂里奈が「フワちゃん被害者の会」結成で共闘、逆襲開始⁉の画像1
YouTubeチャンネル『フワちゃんTV』より

「ほんとに負けてます私」

「英語も話せてインテリだし」

 タレントの鈴木奈々がフワちゃんに完敗宣言したのは1月21日に都内で行われたイベントのことだった。

「かなり以前には、元モーニング娘。の矢口真里がバラエティ番組で引っ張りだこでしたが、不倫発覚でその枠を『おバカキャラ』で台頭した鈴木が強奪。しかし、そこにサッカー選手からタレントに転向した丸山桂里奈が参入し、一気に主役に躍り出た」(芸能記者)

 しかし、それも束の間。今度はユーチューバーのフワちゃんが登場。年末年始の出演番組本数でトップとなるほど、今や「テレビマンが使いたいタレントNo.1」と言われている。

「彼女は本業がユーチューバーなので、とにかくギャラが安いのが魅力。ゴールデン・プライム帯でも1本2~3万円で出てくれますからね。話芸も達者ですし、タメ口キャラで大御所の懐に入り込むのもうまい」(テレビ関係者)

 そんなフワちゃんに芸能界の席を奪われた鈴木らが、ついに逆襲に出ると言う。バラエティ番組スタッフが耳打ちする。

「鈴木、矢口、丸山が『フワちゃん被害者の会』を結成。それぞれの事務所が共闘し、3人セットでの売り込みを始めていると聞きます。ピンでは弱くてもこの3人を『打倒フワちゃん』キャラでイジれば、バラエティとしては成立しますからね。一方、迎え撃つフワちゃんにも実はアキレス腱がある。彼女は多忙すぎて寝坊することもしばしば。また事務所に入っていないことで、自分ではスケジュール管理ができなくなっており、ダブルブッキング、トリプルブッキングのケースが増えている。かつてバラエティを席巻していた狂言師の和泉元彌もダブルブッキング騒動でテレビから消えましたからね」

引っ張りだこではないとはいえ、コンスタントに仕事はありそうなこの3人。仕事が減ったとしても、それをフワちゃんのせいにするのはさすがに“被害妄想”ともいえそうだが……。

果たしてフワちゃんvs「フワちゃん被害者の会」の仁義なき戦いの結末はいかに?

最終更新:2021/01/28 20:00

鈴木奈々、矢口真里、丸山桂里奈が「フワちゃん被害者の会」結成で共闘、逆襲開始⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

『青天を衝け』視聴率低下も心配なし

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真