日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > ジャニーズ事務所“コロナ慣れ”に心配

ジャニーズ事務所、大規模コンサート全中止に業界の本音は…「“コロナ慣れ”していない」と心配の声

ジャニーズ事務所、大規模コンサート全中止に業界の本音は…「コロナ慣れしていない」と心配の声の画像1
株式会社ジャニーズ事務所 公式サイトより

 ジャニーズ事務所は2月4日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が3月7日まで延長されたことを受け、同社が主催するコンサートを3月7日まで中止することを発表した。

 ジャニーズ事務所では、昨年2月末より、感染拡大防止のために自社主催の大規模コンサートはすべて中止・延期となっている。

「ホールクラスのコンサートやミュージカルなどの舞台は一部開催されていますが、1万人規模の会場での有観客コンサートは、もう1年近く開催できていない状態です。売り上げ減少は深刻で、同時にコンサート関連の外注業者に対する影響もあります」(音楽業界関係者)

 コンサート開催においては、セットの設営、音響、映像、運搬、グッズ販売、警備など、たくさんの外注業者のスタッフがかかわっている。コンサートが中止となれば、それら関連業者の売り上げもなくなってしまうのだ。

「ジャニーズのコンサートは大規模で開催数も多いので、そこに依存している業者も少なくない。そんな業者を救うために、そろそろジャニーズも大規模コンサートを解禁すべきだという声もあります。実際、ジャニーズ以外では日本武道館や大阪城ホールでコンサートをしているアーティストもいますし、ジャニーズが復帰に消極的だという見方があるのも事実です。

 ただ、ジャニーズの場合、アリーナ規模の会場を借り切っての配信ライブも積極的に行っているので、そこでどうにか技術系の外注業者には仕事が回ってきている。持ちつ持たれつの音楽業界なので、ジャニーズとしても関係企業を潰さないために、いろいろと動いてはいるんですよね」(同)

 近い将来、大規模コンサートが問題なく開催できるとようになったとしても、まだまだ心配な材料がある。

「ジャニーズはコロナ感染対策を行ったうえでの大規模コンサート開催の経験がまったくない状態なんですよ。ほかの音楽系事務所はこの1年で、コロナ禍でもどうにかコンサートを開催できるようなノウハウを構築しつつあるけど、ジャニーズはあまりにも“コロナ慣れ”していない。おそらく、今後数年間はある程度の感染対策をしないとコンサートが開催できないという状況になると見られているんですが、現状のジャニーズはそこに対応できていない。早く大規模コンサートを再開しないと、ジャニーズだけ通常の状態に戻るのが大幅に遅れてしまう可能性もあります」(コンサート関係者)

 感染防止のために万全を期すのは当然のこと。そういう意味ではコンサートの中止は、最も安全な方法ではあるものの、新しい生活様式から取り残されてしまうのも事実。ジャニーズ事務所も、もう一歩を踏み出すタイミングがきているのかもしれない。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2021/02/09 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真