日刊サイゾー トップ > 芸能  > 同郷同士で集う芸能界飲み会の裏側

八王子、福岡、北海道、秋田…同郷同士で集う芸能界「○○会」の“旨み”と“弊害”

文=日刊サイゾー

八王子、福岡、北海道、秋田…同郷同士で集う芸能界「○○会」の旨みと弊害の画像1
インスタグラム:高橋みなみ(taka37_chan)

 同郷の仲間は大切だが、その裏では色々な思惑もあるようで……。

 生まれ故郷が同じ人に親近感を抱くのは、芸能人も一般人も同じ。芸能界で一大ブームとなっているのが、同郷者が集う「○○会」だ。9日放送の『火曜サプライズ』(同)には、「八王子会」のメンバーが勢揃いした。

「番組では、ヒロミ、高橋みなみ、上川隆也の3人が八王子をロケしました。3人とも八王子出身で、八王子市内にあるユーミンの実家を訪ねたり、八王子グルメを堪能したり、市内に在住するサブちゃん(北島三郎)の話しになったりと、まるまる八王子の話題ばかり。フワちゃんも八王子出身みたいで、彼女の地元エピソードも聞けました」(八王子出身の30代女性)

 昨年3月「第1回 八王子会」の様子がSNSに投稿され、豪華なメンバーが話題になった。高橋のInstagramによると、参加メンバーは、高橋とヒロミ、フワちゃんに加え、マキシマムザホルモンのナヲとダイスケはん、THE YELLOW MONKEYの菊地英昭と菊地英二、カリスマホストのROLAND、FUNKY MONKEY BABYSのファンキー加藤、BiSHのセントチヒロ・チッチ、ゴスペラーズの黒沢薫、俳優の塚本高史、KICK THE CAN CREWのLITTLEら13人。かなりの豪華メンバーだが、もっと強力なのが「○○県人会」だ。

「メンバーの豪華さで言えば、最強なのは『福岡県人会』です。陣内孝則や博多華丸・大吉らの声掛けで集まるメンバーには、タモリ、井上陽水、藤井フミヤ、黒木瞳、松重豊、吉田羊、カンニング竹山、バイキング小峠らがおり、ジャンルも幅広ければ、豪華さもとびきり。それに対抗するのが『北海道会』です。こちらはGLAY、大泉洋、タカアンドトシ、極楽とんぼ・加藤、TOKIO松岡、武田真治、平成ノブシコブシなど、負けず劣らず強力なメンバーです。

 一方、結束の強さを感じさせるのは『秋田県人会』です。人口は遥かに少ない秋田ですが、柳葉敏郎、藤あや子、佐々木希、加藤夏希、鳥居みゆきなど、こちらも豪華メンバーで、しかも美女揃い。元・乃木坂46の生駒里奈や壇蜜も秋田出身ですから、次回の開催が待ち望まれています」(芸能誌記者)

 ふるさとを大切にする姿は、見るほうまでホッコリさせられるもの。心温まるブームだが、そこにはある種の計算も働いていると指摘するのは、芸能事務所関係者だ。

「こういった会の様子をSNSに上げれば、必ずネットニュースになるので、仕事が欲しい芸能人にはうってつけですよね。“地元愛”というキーワードは好感度が上がりますし、“大物と知り合い”というだけでもハクが付く。地元の仕事が入ることもあるでしょう。特番が組まれたり、地元のネタを取り上げる番組に呼ばれることもありますし、理想的な展開としてはCMが決まるパターンもある。普段はなかなか繋がらない業界同士の繋がりが生まれれば仕事のチャンスですし、大物に気に入られる可能性もある。まだまだこれからというタレントは、参加しない手はありません」(芸能事務所関係者)

 もっとも、良いことばかりでなく、“弊害”も発生し始めているという。お笑い芸人の知り合いを持ち、お笑い業界に詳しいライターがいう。

「一般人の会と同じく、呼ぶメンバーには気を使わないといけません。『○○さんを呼ぶなら、△△がダメ』とか、『Aさんを呼んだらBさんにも声を掛けないと』とか、そういった類の話です。一度、ある会で、“Xさんの妻=Yさんの元カノ”という関係の2人がバッティングしたことがあり、二次会で大モメしたことがありました。“超”がつく売れっ子同士の話です。

 一方、実際にある県人会に参加した芸人は、『参加人数が多すぎて、訳が分からない』とこぼしていました。人が人を呼び、その人がまた人を呼んで……という形で、まったく無名の芸人や俳優の卵などが来て、『……どちらさん?』みたいな人間が混ざっており、『嫁の実家が…』『2年だけいました』といった“便乗系”の人もいます。まぁ、目くじらを立てるような話しではありませんが」(お笑いライター)

 あまり欲張りすぎると、せっかく重い腰を上げてくれた大物たちから敬遠されてしまうだろう。下手に計算ずくで参加するより、純粋に飲んで騒ぐだけのほうが正解かもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/12 09:00

八王子、福岡、北海道、秋田…同郷同士で集う芸能界「○○会」の“旨み”と“弊害”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真