日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 小木博明、花田優一に辛辣な発言

おぎやはぎ・小木博明、泥沼親子バトルの花田優一に辛辣コメント「とんでもないライアーモンスター」

『バイキングMORE』フジテレビ公式サイトより

 2月10日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、元横綱・貴乃花とその息子・花田優一との泥沼バトルを特集。

 2月16日号の『週刊女性』(主婦と生活社)で優一が父である貴乃花のモラハラや暴力を告発したことに対し、貴乃花は2月18号の『週刊文春』(文藝春秋)で「自分に都合の悪い事実が伏せられていて、巧妙な嘘で塗り固められている」と猛反論。すでに、「(親子で)話し合って解決できる段階は、もうとっくに通り越しています」と、修復不可能なところまできているとしている。

 それぞれの言い分が全く異なっていることから、おぎやはぎ・矢作兼は「お互いすごいよね。ほんと聞く耳を持たない2人じゃないですか」とコメント。「ある意味、そこはすごい似てるんですよ。だから話が絶対合わないの。お父さんは、すげーまともなこと言ってるけど、優一さんは聞く耳持たないでしょ」と親子で似た者同士だと話し、「貴乃花さんも今までいろんな人とトラブルを起こして……。それは、聞く耳を一切持たないからうまくいかないんだからね」と、話し合いで解決できない理由を指摘した。

 貴乃花は、実母の藤田紀子とも絶縁していたり、実兄で元横綱・若乃花こと花田虎上とも十何年も音信不通だったりと実家の関係性も複雑。こうしたことも踏まえて、おぎやはぎ・小木博明は「優一さんからすると、お父さんは今までもいろんなバッシングを受けてきたじゃないですか。で、人格を形成するのに幼少期の家庭環境って大事だと思うんですよね」と持論を展開。

 過去、バッシングを受けても父親の貴乃花が何も言い訳をせず、行動だけで示していたことから、優一は「なんで言い訳しないんだ」「なんでこういう風に言えばみんな納得するのに言わないんだ」と思っていたのではないかと推測し、小木は「そういうところを反面教師として見てきて、ずっとそれを見てきて育ってきたから、とんでもない“ライアーモンスター”(嘘つき怪物)が生まれた」と、独自の表現をしてスタジオを笑わせた。

「これにMCを務める坂上忍は、『いい加減にしなさいよ!』とツッコみつつも大爆笑。伊藤利尋アナウンサーは『英語だったら(言っても)いいわけじゃないですからね』とフォローしていましたが、小木のド直球な物言いに視聴者からは『久々にこれぞ小木さんて表現聞いたな。フリもしっかり。』『ライアーモンスターでツボってる』『なんちゅうパワーワード』『小木おもしろすぎる』などの声が集まっていました」(芸能ライター)

 真っ向から対立している2人。どちらかが折れるでもしない限り、親子喧嘩は長引きそうだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2021/02/11 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』道隆が強行した中宮/皇后問題

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真