日刊サイゾー トップ > 芸能  > 石原さとみ、コロナ発覚で医療関係どう思う?

石原さとみ、コロナ発覚で“得意先”スポンサー医療関係企業はどう思う?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

石原さとみ、コロナ発覚で得意先スポンサー医療関係企業はどう思う?の画像1

 女優・石原さとみにまさかの逆風が吹き荒れている。

 石原といえば、2020年秋に一般人男性との結婚を発表。世間も祝福ムードで好感度もさらにアップし、仕事も上げ潮ムードだった。スポーツ紙のデスクは語る。

「実際のところ結婚相手は“一般人”とは言い難い高収入のエリートサラリーマンだったのですが、それでも実業家や人気プロアスリートとのいかにもな玉の輿婚と比べると世間の印象は悪くなく、イメージアップに繋った観もあります。結婚発表後はCMの仕事も増えたようですし、4月からは綾野剛さんと日本テレビ系連続ドラマ『恋はDeepに』のW主演も決まりましたからね」

 だが、ここに来て新型コロナウィルス感染をめぐって、発表のタイミングが物議を醸している。

 石原は新型コロナウイルスに感染していたことを今月4日に所属事務所が発表。

 ドラマの撮影現場で1月中旬に受けたPCR検査で陽性と判明し、症状はなく、現在は自宅療養中ですぐに仕事に復帰する予定とのことだが……。

「コロナに感染したこと自体は仕方のないことですし、何の問題もないのですが、所属事務所の発表が陽性が判明してからだいぶ経っていること、公式発表前に『女性セブン』(小学館)が報じたこと、さらに20年12月の夜に都内の中華料理店で女子会を開いていたことを『フライデー』(講談社)に報じられていますからね。インターネット上では『もしかして感染を隠そうとした?』、『周りへの影響力を考えたら隠す必要があったのか』など疑問の声があがっている」(スポーツ紙デスク)

 さらに、こんな話も。

「石原さんはこれまでドラマで看護師や薬剤師の役を演じており、そのイメージもあってか複数の製薬会社のCMにも出演するなど医療関係とは縁が深いですからね。それだけにコロナ感染の発表についてもより慎重な対応が求められたと思うのですが……」(民放テレビ局の情報番組スタッフ)

 とにもかくにも今は一日も早い復帰を祈るばかりであるが、その前途は……。

最終更新:2021/02/14 17:00

石原さとみ、コロナ発覚で“得意先”スポンサー医療関係企業はどう思う?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

下北沢、再開発でさらに進化

 東京都世田谷区の北東部に位置する下北沢は、...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

 2019年、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に出演して以降、『フォローされ...
写真