日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 『Juice=Juice』高木紗友希が指摘され続けた「自覚のなさ」

グループより彼氏が大事⁉『Juice=Juice』高木紗友希が指摘され続けた「自覚のなさ」

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

グループより彼氏が大事⁉『Juice=Juice』高木紗友希が指摘され続けた「自覚のなさ」の画像1
Juice=Juiceオフィシャルブログより

 8人組アイドルグループ『Juice=Juice』のメンバー・高木紗友希が同グループ及びハロー!プロジェクトとしての活動を終了することが2月12日、公式サイトで発表された。

 高木は11日の『文春オンライン』にて、シンガー・ソングライターの優里との半同棲愛が発覚。それを受け、「グループの一員として、自覚が足りない軽率な行動でした。沢山の方の気持ちを裏切ってしまいました」とファンに謝罪することとなった。アイドル誌ライターが言う。

「あの歌唱力は代わりがいないレベルだっただけに残念ですね。見習いのハロプロエッグ時代を含めると10年以上いた高木ですから、『一発アウト』となったのは厳しいようにも感じます。ただ、ハロプロは過去にも矢口真里や藤本美貴も熱愛が発覚し、グループを脱退しており、この厳しさこそハロプロが20年以上続いているゆえんですね。ネット掲示板のコメント欄でも所属事務所のアップフロントを評価するという声が目立ちます」

 そんな高木の「自覚のなさ」はこれでもファンの間で問題視されていたという。

「高木は2020年8月のインスタグラムで優里のヒットソングの題名にもなっているドライフラワーの写真を投稿し、交際を匂わせていたことも話題となっています。また、コアなファンからは以前からやる気がないとの指摘も聞かれていた。Juice=Juiceといえば、リーダーの金澤朋子も以前にイケメン俳優・西井幸人との2ショット写真がネット上に出回ったり、高木や金澤、植村あかりらが握手会でファンに舌打ちしたり、片手で済ますなどの対応の悪さが報じられたこともあった。今回の高木の一件も、こうした根っこのプロ意識がなかなか改善されていなかった証左かもしれません」(前出・アイドル誌ライター)

 別れるより辞めることを選んだ高木。アイドル活動より男を取ったことが彼女の人生において「正解」であれば良いが……。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/02/18 16:00

グループより彼氏が大事⁉『Juice=Juice』高木紗友希が指摘され続けた「自覚のなさ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

『青天を衝け』視聴率低下も心配なし

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真