日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > おいでやすこが、飽きられた? 

おいでやすこが、すでに飽きられた?「むしろここからが面白くなる」との評も

文=日刊サイゾー

おいでやすこが、すでに飽きられた?「むしろここからが面白くなる」との評もの画像1
インスタグラム:こがけん(kogakenkoga)より

 昨年末の『M-1グランプリ2020』で準優勝し、一躍スターダムを駆け上がった おいでやすこがが、年明けから多くのバラエティ番組にゲスト出演し、大忙しとなっている。一方で、すでに飽きられ始めているとの声も聞こえてきた。

「とにかくあのハイテンションなツッコミをいろんな場面でやらされて、最初はすごくウケるんだけど、3回目くらいから微妙な空気になってくる。あのツッコミのインパクトはすごいけど、カラクリ自体はすごくシンプルだから、一旦バレるとたしかに厳しいんです。バラエティだけでなく、劇場でのウケもちょっと小さくなってきている気がします」(構成作家)

 あっという間に賞味期限が切れてしまったかのようにも見えるおいでやすこがだが、実はまったくそんなことはないのだという。

「おいでやす小田のハイテンションなツッコミは、もちろんそれだけでも面白いのですが、スベったあとに他の芸人に上手くイジられると、さらに活きてくる。小田は周囲の芸人にイジられればイジられるほど、どんどん面白くなっていくタイプの芸人。通常のハイテンションツッコミがスベれば、それだけイジられる要素が増えるわけで、小田にとってはむしろありがたい展開なのでは。小田が本当に面白くなっていくのはこれからでしょう」(同)

 また、歌ネタを得意とするこがけんも、実はイジられ役が上手いタイプの芸人なのだという。

「小田のツッコミを引き出そうと、どうしても小田ばかりがイジられることが多いんですが、こがけんも実は叩けば叩くほど響く芸人。あえて雑な感じでイジれば、意外なハプニングが起きるはずです。いまは小田に隠れて、あまり目立っていませんが、そろそろ周囲の芸人たちがこぞってこがけんをイジり出すころだと思います」(同)

 こがけんは、慶應義塾大学出身のインテリであり、クイズ番組などでの活躍も期待できる。さらに、歌が上手い、映画に詳しい、料理が上手いなどの特技もあり、さまざまな番組で重宝されそうだ。

「おいでやすこがのスタイルは、あくまでも取っ掛かりであって、2人のポテンシャルが発揮されるのは、コンビネタが飽きられてから。平場でバリバリ活躍するのは今後ですね」(同)

 あのハイテンションツッコミが飽きられても、一発屋にならずに済みそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/18 09:00

おいでやすこが、すでに飽きられた?「むしろここからが面白くなる」との評ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

猪木さん「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

 今週のホットなニュース・トピックをピックア...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真