日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > SixTONES京本が天然キャラで大暴走

『さんま御殿』SixTONES京本大我が天然キャラで大暴走…下ネタにニヤニヤも「可愛い」の声

文=日刊サイゾー

『踊る!さんま御殿!!』日本テレビ公式サイトより

 2月16日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にSixTONESの京本大我が初出演し、その暴走っぷりが話題になっている。

 この日、「東京出身VS地方出身」というテーマで東京出身チームとして出演した京本。初出演の大番組に緊張しているかと思いきや、ほかの出演者の感想を聞かれただけにも関わらず、「僕、勝手にエピソード始めていいですか?」「ニューエピソードが浮かんだんで!」と流れを無視するという仰天行動に。MCの明石家さんまら出演者は、その大胆な言動に驚愕していた。

 そうして披露したエピソードは、2~3歳下の後輩をご飯に連れて行った際のこと。帰りが遅くなってしまったため、京本は後輩に何千円か渡したという。しかし、「そっから帰るはずなのに、ずっと一緒に歩くんですよ。あれ? と思って、『どうやって帰るの?』って言ったら『普通に電車で帰ります』って言われて、僕『お金 返して』って言えなくなっちゃって……」とまで話したが、途中で気が付いたのか、京本は、「でも地方と関係ないですね」とあっけらかんと発言。さんまからは「何じゃそれは!」とツッコまれていた。

 その後も懲りずに、他の人のエピソードの中で「僕のエピソード1個いいですか?」と提案して怒られていた京本だが、都会育ちのため、虫が苦手なことを明かす一幕も。その流れでこの日出演していた奄美大島出身の歌手・元ちとせが奄美にはハブがいることを明かし、さんまも「ハブ酒とかあるハブや!」とノリノリだったが、京本はハブ酒の存在を知らなかったようで「お酒になってるんですか!?」と驚愕。さんまから「元気になんねん、男の人が」と言われると、身を乗り出してニヤニヤしており、「何笑てんねん、アホ!」とツッコまれてしまっていた。

 この日の放送に視聴者からは、「下ネタでニヤニヤするの可愛すぎる」「面白いところ全部出てた!」「あんなに暴走してても面白いの最高」という声が集まっていた。

「京本といえば、ファンの間では天然として知られていましたが、『さんま御殿』でもいつもと変わらずペースでおしゃべりし続けていたというのはさすが二世タレントゆえの心臓の強さ。ファンからは喜びの声が集まった今回の京本の出演ですが、京本に詳しくない視聴者からはまったく緊張していないその様子に『逆にすごい』『初出演でこんなにリラックスしてるのか』といった驚きの声が集まっているようです」(芸能ライター)

 京本はバラエティでもブレイクなるだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/18 06:00

『さんま御殿』SixTONES京本大我が天然キャラで大暴走…下ネタにニヤニヤも「可愛い」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真