森七菜を命運を握るステージママの存在…あの女優の“伝説の母”並みの度量はあるのか?

文=本多圭(ほんだ・けい)

森七菜

 浜辺美波上白石萌音と並び、今年も恋愛ドラマでの活躍が期待されている若手人気女優ランキングトップの森七菜。だが、年始早々に世間を驚かせた移籍騒動で、今後の活動が危ぶまれているという。

 「一時は、二階堂ふみ土屋太鳳らが所属する大手プロ『ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)』に電撃移籍するようだと報じられていましたが、結局は業務提携でした。一般にはわかりづらいかもしれませんが、専属契約と業務提携では、事務所の力の入れ方が違います。森は騒動でミソをつけたうえに、業務提携の背景にはステージママの存在があるといわれていますから、この先、人気を維持するのは難しいかもしれません」(ドラマ制作会社プロデューサー)

 森といえば、昨年放送されたNHKの朝ドラ『エール』で、二階堂ふみ演じるヒロインの妹役を好演して注目を集めた後、10月期のTBS系火曜ドラマ『この恋あたためますか』で初主演。また、出演した映画『ラストレター』では主題歌にも挑戦したことで、一気に“今年最も期待される若手女優”の仲間入りを果たした。

 しかし、今年1月14日、所属事務所『アーブル』の公式サイトから森のプロフィールが削除され、同時に100万人以上のフォロワー数を擁する森のInstagramアカウントが突如消されたこととから、独立・移籍騒動が持ち上がった。

 「森は、地元・大分で母親と食事をしている時に『アーブル』の女性社長にスカウトされ、14歳で芸能界入りしたのですが、売れた途端、“給料が安い”と言い出したそうです。裏でステージママがそそのかしたともっぱらの噂です」(スポーツ紙記者)

 芸能界デビューのため上京した森は、女性社長と寝食を共にしていたというが、昨年12月、弁護士を立てて『アーブル』に契約解除を通告。事務所側が、契約が残っているとして通告を拒否すると、すでに決まっていたイベントなどの仕事のボイコットをほのめかしたため、事務所側がプロフィールとInstagramアカウントを削除したという。

「移籍騒動が浮上すると、すぐに、森が歌手デビューしたレコード会社『ソニー・ミュジックエンタテイメント』の系列であるSMAに移籍するらしい、という情報が流れました。結局、業務提携でしたが、いずれにせよ、約1カ月間での素早い動きは、まだ芸能界を知らないステージママひとりではできません。移籍騒動の裏で暗躍したのは、SMAにも影響力を持つ芸能界の実力者C氏だと言われています。昨年、日本レコード大賞のグランプリにソニー・ミュージックの『鬼滅の刃』の主題歌を歌ったLiSAが選ばれのも、C氏が関与したと言われています」(芸能ライター)

 1月24日、SMAとの業務提携を正式発表して騒動を決着させた森だが、今回の独立・移籍騒動に対する世間の目は厳しいという。

「SMAは、タレントの引き抜きを禁じる日本音楽事業者協会の会員ですから、業務提携にしたんですよ。専属契約と業務提携ではマネジメントの力の入れ方が違ってきます。今後は、昔の宮沢りえの“りえママ“のように、森のステージママがどれくらい辣腕ぶりを発揮できるかですよ」(前出の芸能プロモーター)

 その昔、10代でデビューした宮沢りえは、三井のリハウスのCMでブレークするや、所属していた事務所から独立。その事務所は業界内で圧倒的な力を持つ大手プロの息がかかっていただけに、潰されるのではないかと噂された。

「ところがりえママは、17歳のりえにふんどし姿のカレンダーを、さらに、18歳で全裸ヌード写真集を出版させた。世間をアッと驚かせる辣腕ぶりを発揮し、大手広告代理店マンはじめ、ビートたけしや故・中村勘九郎さんらを味方につけて、りえをトップ女優に育てた。森の母親に、りえママのような度量があるかでしょう」(前出の芸能ライター)

 今後の森と、ステージママの手腕から目が離せない。

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴40年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。主な著書に『 スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』など。

サイト:記事一覧

最終更新:2021/02/20 10:00

森七菜を命運を握るステージママの存在…あの女優の“伝説の母”並みの度量はあるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

北野武の新作撮影は前途多難

 お笑い界の重鎮・ビートたけしが、映画監督・...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真