日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > フワちゃんの個人スタッフが天狗に?

フワちゃんの個人スタッフが天狗になっている? 強気な姿勢に関係者から不満も

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

フワちゃんの個人スタッフが天狗になっている? 強気な姿勢に関係者から不満もの画像1
フワちゃん

 YouTuber芸人として鮮烈に登場し、大ブレイクを果たし、バラエティ界で独自のポジションを築きつつあるフワちゃんだが、ことあるごとに“いつ消えるのか”ということが話題になっている。

「フワちゃんは事務所に所属していないフリーという立場ということもあり、スケジュール管理が上手くいかず、遅刻をしてしまうことが多いと言われている。それが原因で、業界内で反感を買っているという話もありますが、実際のところは、フワちゃんの業界内評判は決して悪くはありませんよ」

 そう話すのは、バラエティ番組にたずさわる制作会社関係者だ。本番中は無礼な発言が多いが、収録が終わると礼儀正しいとも言われている。

「番組内のフワちゃんが全部キャラというわけではないですが、オンオフはしっかりしていますよ。“あいつは失礼だ!けしからん!”みたいなことを言う共演者もスタッフもいません。シンプルに能力が高いタレントです」(同)

 そんなフワちゃんの懸念材料は、本人以外の部分にあるという。

「フワちゃんは事務所には所属していませんが、元芸能事務所社員のスタッフがついているんです。そのスタッフが、仕事のオファーの窓口になることもあるし、そのときにはギャラ交渉などもしている。で、このスタッフの評判があまりよくないんですよね」(イベント関係者)

 フワちゃんには、“エージェント”のような存在がいるというのだ。

「そのスタッフは結構上から目線な感じで接してきて、ギャラ交渉なんかもかなり強気。フワちゃんが大人気だから、仕方ないのだろうけど、必ずしも仕事がしやすいというタイプではないと思います」(同)

 フワちゃん本人の業界内好感度は高いのに、スタッフの好感度がイマイチというわけだ。

「スタッフが勘違いして天狗になってしまうというのは、急にブレイクしたタレントにはよくあること。フワちゃんもまさにそのパターンになってしまうかもしれない。フワちゃんも、スタッフをちゃんと教育しなければならないでしょうね」(前出・テレビ局関係者)

 スタッフに足を引っ張られるくらいなら、いつまでもフリーでやっているより、どこか事務所に入ったほうがいいのかもしれない。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/02/23 07:00

フワちゃんの個人スタッフが天狗になっている? 強気な姿勢に関係者から不満ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

囲碁将棋が体現「ポストM-1時代」のブレイク

「芸人で囲碁将棋つまんないっていう人は1人もいないんで」「重要無形文化財」「わからな...
写真