日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『天国と地獄』はミステリーとして反則?

ミステリーとしては反則? 考察ドラマ『天国と地獄』視聴者が脚本家・森下佳子に勝てない理由

文=南沢けい子(みなみさわ・けいこ)

ドラマ『天国と地獄』
天国と地獄~サイコな2人~』公式サイトより

 東大卒として知られる脚本家・森下佳子。 人の心や人を動かすものを学びたくて宗教学科へ進学したのだそう。そして脚本家となった後にその学びから「人にはそれぞれの理由と行動原理がある、すべての登場人物にそれがあるとする脚本を目指そう」と思うようになったのだという。

 そんな森下が描くドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)。毎週日曜日の放送後、ネット上にはさまざまな考察が繰り広げられ視聴者が盛り上がるミステリー要素満載のドラマだ。綾瀬はるか演じる刑事・望月彩子と、高橋一生演じる連続殺人鬼・日高陽斗の魂が入れ替わってしまうストーリーだが、回を追うごとに次々と新たな謎が展開され「展開が全く読めない」「わからなさが癖になる」「どうやったらこんな作品が作れるのか……森下さんが怖いわ」などと上々の評判だ。2月21日に放送された第6話の平均世帯視聴率も14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、高い水準をキープし続けている。

 だが、このドラマ、ただ推理を楽しむ考察ドラマではない。入れ替わりの謎に加え、月と太陽の伝説と伝説の花、呪いの石、登場人物に隠されている数字などなど、盛り込まれた多くの謎が解かれないままに、新人物が次々に登場し、さらに日高以外の真犯人がいるのではという大きな謎も浮上。視聴者は「もはや考察すらできない」「どんな分析考察繰り広げようと、森下さんの脳内には敵う気がしない」と大混乱の様子。

 どうも『天国と地獄』は、推理を楽しむミステリードラマとは一線を画しているようだ。ミステリーには守るべき大原則、というものがある。例えば犯人は物語の始めまたは前半に登場していなければならない、ということ。『天国と地獄』では中盤、第6話になって突然真犯人とおぼしき「クウシュウゴウ」の存在が発覚、その正体とされる十和田元(田口浩正)や「東朔也」という新人物まで登場する。これはミステリーとしては反則技、禁じ手ではないか。これまでに散りばめられてきた謎を並べて、考察をしていた視聴者が大混乱するのも無理はない。

 そもそもが入れ替わりというファンタジーから始まっている時点で、起こりうる範囲がどこまでかすでに予想ができず、ミステリーとして成立しにくい。だが、森下のことだ、そういったことなどすべて承知の上なのだろう。もしかしたら視聴者に謎を解かせる気はさらさらないのでは、という気さえしてくる。

 第5話のラストに登場し、ネット上では真犯人かと騒がれた戸田一希なる人物も、第6話であっさり覆されるというミスリード。多くの謎を散りばめて伏線と思わせておいて、視聴者は結局、森下に煙に巻かれ翻弄されている。謎を解くための鍵を隠したまま、ミスリードを含んだ謎を次々に追加し、視聴者を翻弄するのが森下の狙いなのか、と疑いたくなるのだ。

 それでも視聴者の中には「アズマサクヤは湯浅和男(迫田孝也)?(以前話に出た)父親が“かずま”だとしたら、yuasakazuma→azumasakuya」とアナグラムになることから湯浅が真犯人では、と考察するツワモノもいる。それならば1話から度々登場している人物なので、ミステリーの原則には当てはまる。だが、これもまた森下が仕掛けたミスリードのひとつかもしれない。

 とにかく、私たちは森下の手の上で転がされているに過ぎないのだ。謎は次々に追加され、より深まっていく。『天国と地獄』はその謎を解くミステリーではなく、翻弄され裏切られることを楽しむドラマなのかもれない。

 すべての登場人物の行動には理由がある、という森下。2月28日に放送の第7話からは物語も佳境に入り畳み掛けるような怒涛の展開が予想されるが、日高がなぜ殺人に関わるのか、そこには何か深い理由があることは間違いない。ここまで多く散りばめてきた謎や伏線を、これから森下はどう回収していくのだろうか。本領が発揮されるのは、ここからだ。

■番組情報
日曜ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』
TBS系/毎週日曜日21時~
出演: 綾瀬はるか、高橋一生、柄本佑、溝端淳平、中村ゆり、迫田孝也、林泰文、野間口徹ほか
脚本:森下佳子
編成・プロデュース:渡瀬暁彦
演出:平川雄一朗、青山貴洋、松木 彩
プロデュース:中島啓介音楽:髙見 優
主題歌:手嶌葵「ただいま」(ビクターエンタテインメント)
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/tengokutojigoku_tbs/

南沢けい子(みなみさわ・けいこ)

南沢けい子(みなみさわ・けいこ)

愛知県名古屋市生まれの食いしん坊ライター。休日はNetflixやAmazonプライムを駆使して邦画や洋画、海外ドラマを観まくるインドア派だが、Netflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』に影響されて20インチのミニベロを購入。主人公の男の子たちになった気分でサイクリングロードを走るのが最近の楽しみ。

最終更新:2021/03/07 07:56

ミステリーとしては反則? 考察ドラマ『天国と地獄』視聴者が脚本家・森下佳子に勝てない理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

青木真也が独自論を激白!

 今年1月、シンガポールで行われた「ONE: UNBREAKABLE」で、元ONEウ...
写真