日刊サイゾー トップ > 芸能  > 韓国“イジメ告発”日本にも飛び火?

韓国“イジメ告発”相次ぎK-POP界が大炎上! 日本にも飛び火の可能性 女優Mにイジメ疑惑が?

文=山本ロドリゲス久美子

韓国イジメ告発相次ぎK-POP界が大炎上! 日本にも飛び火の可能性 女優Mにイジメ疑惑が?の画像1
過去のイジメ加害を告発され活動休止を余儀なくされたK-POPアイドル・Stray Kidsのメンバー(公式HPより)

 新型コロナによる混乱も収まらない中、お隣韓国では“イジメ告発”が社会問題化している。

 ことの発端は韓国バレー界でアイドル級の人気を誇るイ・ダヨン、ジェヨン姉妹が突然10年前の校内暴力を告発されたことだ。ネットの掲示板に告発文を掲載されたイ姉妹は、すぐに内容を全面的に認めて謝罪文をSNSに投稿したが、炎上は収まらず。騒動を受け、韓国バレーボール協会は国家代表権を剥奪すると発表。所属チームも姉妹の試合出場を無期限停止とした。

 この事件をきっかけに、サッカー選手やハンドボール選手など、スポーツ界のプロ選手の過去の悪事を告発する書き込みが続出。さらにこの“イジメ告発”の波は芸能界にも波及し、『梨泰院クラス』に出演したことで知られる俳優キム・ドンヒ、K-POPアイドルの(G)I-DLEのスジン、SEVENTEENのミンギュ、ソロ歌手のヒョナなどが相次いで槍玉に挙げられ、それぞれが対応に追われた。

「事実無根だと確固たる態度で否定する者、事実確認ができるまで活動を中断すると発表する者、事務所によっても対応はさまざまですが、混乱を極めてますね。NiziUと同じJYP所属で、日本でも売り出し中のボーイズグループStray Kidsのメンバー・ヒョンジンは過去の校内暴力を告発され、素直に謝罪をしましたが、結局は活動を休止することになりました。このグループはヒョンジンが一番人気なんですよ。彼が活動しないとなると、グループ全体も下降線をたどることになる。ファンの絶望は深いようです。しかし、過去のことであれ罪を認めて謝罪しないと永遠に批判され続けます。何より被害者のいる話ですから、事務所も慎重に判断せざるを得ない」(K-POPライター)

 韓国で起こった“被害者が続々と声をあげる”という今回の動きに、日本も感化される可能性があると指摘する声もある。

「日本では“証拠”が大事とされるでしょうから、韓国のようにネットに書かれただけの告発文がここまで大きな炎上騒動になるとは思えない。しかし、プロのスポーツ選手なんかは学生時代の部活動でのしごきだとか、そういうことを具体的に告発されたらまずい人も結構いるでしょうね。芸能界だって同じです。松本人志やミュージシャン・小山田圭吾が過去にイジメの加害者だったことを告白したこともありましたからね」(芸能記者)

 しかし、日本の場合はちょっと特殊な傾向もあるという。

「日本のアイドルなんかは逆にいじめられっ子だったというパターンが多いですよね。女性のアイドルにも多いし、ジャニーズのアイドルでも“クラスの人気者”タイプは実はそんなに多くない。それは多分K-POPと日本のアイドルの育成環境の差が関係している。K-POPのアイドルは“エリート”でなければなれない。歌やダンスがものすごく上手くなければアイドルになれないし、そうした一芸に秀でていれば学校でイジメのターゲットになることも少ないはず。嫉妬の対象にはなっても、陰湿な暴力を受けることはないでしょう。それに比べて日本の場合は、歌やダンスが最初から上手くなくてもアイドルになれます。学校には馴染めないけど、芸能界に居場所を見出したなんて話はよく聞きますよね」(同)

12

韓国“イジメ告発”相次ぎK-POP界が大炎上! 日本にも飛び火の可能性 女優Mにイジメ疑惑が?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  猛暑...…
写真
インタビュー

失われた11年にけりを付けるYOU THE ROCK★

 1990年前後、まだ日本にヒップホップが根付く以前から、その最前線で活動していたラ...
写真