日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 『相席食堂』初の全国ネットで爆死

『相席食堂』初の全国ネットで爆死 「イジメの構図」になりかねない千鳥のツッコミは東京向きではない?

文=日刊サイゾー

『相席食堂』初の全国ネットで爆死 「イジメの構図」になりかねない千鳥のツッコミは東京向きではない?の画像1
『相席食堂』(公式サイトより)

 お笑いコンビ・千鳥がMCを務めるロケ番組『相席食堂』(ABCテレビ)の初となる全国ネットゴールデンタイムのスペシャル番組『相席食堂ゴールデンSP』が2月2日に放送された。昨年末の『M-1グランプリ2020』のファイナリストが、それぞれの故郷でロケをし、その様子をスタジオにいる千鳥がツッコミながら見るという内容で、まさに今旬の芸人たちが勢揃い。しかし、世帯平均視聴率は6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と微妙な数字に終わった。

「同時間帯であれば10%を取らないと及第点とは言いにくい。正直なところ、全国区ゴールデンタイム進出は失敗だったと言わざるを得ないでしょうね」(テレビ局関係者)

 有名人が地方を訪れ、地元の人と相席をし、そこで起こるハプニングを千鳥とともに楽しむという『相席食堂』。地上波だけでなく、複数のサブスクリプションサービスでも配信されており、ファンが多い番組である。

 しかし、一方でその内容について問題視する動きもある。

「ハプニングだらけのロケに、千鳥がツッコミを入れることで、笑いが大きくなるのは間違いないのですが、それが“イジり”を超えて、“イジメ”の構図に見えてしまうこともあるということ。見ていてヒヤヒヤしてしまうこともなくはない」(制作会社幹部)

 同番組では、芸人や俳優、スポーツ選手など、さまざまな有名人がロケをする。なかにはロケ慣れしていない有名人が登場することもある。

「ロケが慣れてないがゆえのハプニングを千鳥の2人が厳しくツッコむこともある。しかも、スタジオにはロケに行った本人はいないので、千鳥が陰口を叩いてるかのようにも見えるんです。千鳥の2人も、あくまでも面白くするためにツッコんでいたとしても、視聴者に不快感を与えてしまいかねない。そういった部分は全国区のゴールデンタイムには向いてないということなのだと思います」(同)

“イジメ”スレスレの演出については、“いかにも関西ローカルの番組っぽい”という声もある。

「いまキー局のバラエティ番組では、“イジメ”の構図にならないように、とても気をつかっています。誰かをイジるような展開の後にはフォローもあるし、弱者を攻めるようなこともない。

『相席食堂』の場合、ロケ慣れしていない有名人という“バラエティにおける弱者”を“バラエティの強者”である千鳥が一方的に攻めている形になっているんですよね。関西のテレビ局では、そういった構図を避けるという気遣いが東京に比べてまだ少なく、むしろその“危うさ”を大切にしたいという業界人も少なくない。いろんな意見があるのは間違いないのですが、まだアップデートされていない関西ローカルの色が出てしまったということでしょう」(同)

 いずれにしろ『相席食堂』のレギュラー放送が全国ネットになったならば、“悪目立ち”してしまう可能性が高そう。今回の特番の視聴率が悪かったことは、むしろラッキーなのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/06 09:09

『相席食堂』初の全国ネットで爆死 「イジメの構図」になりかねない千鳥のツッコミは東京向きではない?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

女性の強さで人間の生を描いた 相米慎二『あ、春』

 こんばんは! 宮下かな子です。陽射しが少し...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

第92回アカデミー賞にて、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が4冠に輝いた。...
写真