日刊サイゾー トップ > 社会  > ドコモahmao、中途半端な値下げに疑問が

ドコモ「ahmao」が中途半端な値下げ「1回5分かけ放題プラン込み」は若者に支持されるのか?

文=すずきあきら/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2021年3月1日、ドコモは格安新料金プラン「ahamo(アハモ)」を月額2,980円から月額2,700円と微妙に値下げすると発表した。auの「povo(ポヴォ)」やソフトバンク「LINEMO(ラインモ)」は、すでに1回5分かけ放題をオプションとして月額2,480円を実現しているが、「ahamo」は1回5分かけ放題を分離できないという不可解な料金プランのままとなっている。果たしてこれが、デジタルネイティブな若者に支持されるのだろうか?

280円の微妙な値下げでも「かけ放題」は分離せず!

 2020年12月3日、ドコモが月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円という格安新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。これに対しau(KDDI)は1回5分かけ放題は500円のオプションとした月20GBで月額2,480円の「povo(ポヴォ)」を発表して対抗。のちにソフトバンクもこれに追随し、1回5分かけ放題をオプションとする「LINEMO(ラインモ)」を発表している。当然、ドコモもこれらに対抗して1回5分かけ放題を別料金としたうえで値下げすると期待されていた。
 とこ…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/03/02 08:30

ドコモ「ahmao」が中途半端な値下げ「1回5分かけ放題プラン込み」は若者に支持されるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

芸能界のドンが有吉を潰さなかった理由

 人気バラエティタレントの有吉弘行と、フリー...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真