日刊サイゾー トップ > 社会  > iPhone 12、バッテリー容量減少が判明?

「iPhone 12」実はバッテリー容量減少、スマートなデザインと節電を両立も不満の声が

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2020年の10・11月に立て続けに4機種がリリースされた「iPhone 12」シリーズ。毎回iPhoneの新作登場時には大いに注目を集めファンからは諸手を挙げて歓迎されるのが常なのだが、今回は少し様子が違った。ネット上で話題となったため読者のみなさんもご存知かもしれないが、バッテリー容量が減少しユーザーからは「バッテリーの持ちが悪くなった」という使用感の報告もたびたび漏れ聞こえてくる。スマートフォンを選ぶ際に「充電してどれだけもつか」が機種選びの上位条件に入る人も少なくない中で、アップルの決断はどう評価されたのだろうか…。
今回はあらためてiPhone 12のバッテリー容量の減少の理由とそれがもたらす影響について考えていきたい。

iPhone 12シリーズ、iPhone 11よりバッテリー容量1割減

 フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズの柏尾 南壮氏が分解調査したところによると、iPhone 12のバッテリー容量は2,815mAhだったという。近年のスマホは大型化のトレンドもあってバッテリーも大型・大容量化しており、容量が3,000mAhを超える機種も一般的…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/03/03 11:30
関連キーワード

「iPhone 12」実はバッテリー容量減少、スマートなデザインと節電を両立も不満の声がのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

芸能界のドンが有吉を潰さなかった理由

 人気バラエティタレントの有吉弘行と、フリー...…
写真
インタビュー

サッカーメディアの今後は?

 ヨーロッパから南米まで、世界中の最先端の戦術からクラブ経営の裏側まで多角的に取り上...
写真