日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 渡辺直美、コロナ禍アメリカ移住の危険な賭け

渡辺直美、コロナ禍アメリカ移住の危険な賭け

文=日刊サイゾー

渡辺直美、コロナ禍アメリカ移住の危険な賭けの画像1
渡辺直美 公式インスタグラムより

 お笑い芸人・渡辺直美が4月より活動拠点をアメリカに移すことを1日、自身のSNSで報告した。現地のエージェント会社とも契約、日本でのレギュラー番組は3月末で卒業する。

 これまでもアメリカで活動をしていた渡辺は「今の時期、頻繁に行き来出来するのは危ない」と説明。エージェント契約をきっかけに移住を決断したという。一方で、日本での仕事にも対応する予定で「幅広くできたら良いなと思っております」としている。渡米期間は定めない考えのようだ。

 7年前にアメリカ留学したことで日米における活動を開始、2年前にはニューヨークに自宅を購入していた。

 お笑い関係者は「先日もテレビ番組で『基盤作りを35歳までに、40歳までには主演のコメディーの映画をやりたい』と夢を語っていた。日本では芸人だけではなく女優、デザイナー、インフルエンサーなど各方面で活躍していたので、幅を広げられる間にやっておきたいという考えなのでしょう。ただ、日本でのようにマルチで活躍できるかは未知数。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて世界のエンタテイメント業界も大きな打撃を受けている中、無論アメリカも例外ではありません。今後、業界自体が縮小する可能性も十分考えられる中で、勝負に出たのは大きい」と話す。

 当然、多彩な渡辺の中では勝算があってのことだろうが「吉と出るか凶と出るかは微妙なところ」とも。

「アメリカのエンタテイメント業界で成功するには語学力、演技、コメディアンとしてわかりやすいパフォーマンスなどが求められます。また、残念ながらホワイトウォッシュ問題などで、アジア人として厳しい目を向けられるなど、日本では考えられない環境でやらなければならない。懸念するのはどっちつかずにならないかということ。以前、ピースの綾部が同様の理由でアメリカに行きましたが、やっぱり仕事が決まらないという話。それだけアメリカ市場は競争が激しいのです」

 結果的に海外にいる日本人として、日本企業が仕事を与えるだけというケースも少なくない。また、そうして日本に帰ってきた芸能人を、“芸歴のロンダリング”と呼ぶことも少なくないが……それでも決断したのだから、成功して我々を楽しませて欲しいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/05 16:16

渡辺直美、コロナ禍アメリカ移住の危険な賭けのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家に嫁いだ悲劇の皇女・和宮物語

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

Kダブが語るトランプと共和党論

 いち人間としてトランプを支持するだけでなく、ヒップホップというフィルターを通し...
写真