日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 巨人元木ヘッド、切れキレトーク健在の余裕さ

巨人元木ヘッド、切れキレトーク健在の余裕さ

巨人元木ヘッド、切れキレトーク健在の余裕さの画像1
元木大介 読売ジャイアンツ 公式サイトより

 これもリーグ2連覇の余裕からなのか。

 プロ野球、読売ジャイアンツの元木大介1軍ヘッドコーチが、2月28日に放送された『追跡LIVE!SPORTSウォッチャー』(テレビ東京系)に生出演した。

 巨人は28日に沖縄県那覇市でキャンプを終えたばかり。そのまま帰宅せず番組に出演した元木ヘッドは身長2メートルの話題の新人、秋広優人選手などの魅力を解説。現役時代に打撃コーチと選手として教わった巨人OBで解説者の中畑清氏から、原辰徳監督を差し置いていきなり開幕投手を明言するよう迫られると「菅野しかいないでしょう」と話した後、しばらくしてから「SPORTSウォッチャー、適当にやってるんですか?」と笑いながら鋭い突っ込んだ。

 また、秋広選手から届いた元木ヘッドの印象として「想像以上に野球に関することを教えてくれているので嬉しいです!」とのコメントが紹介されると「おかしいでしょ、このコメント! 俺、ヘッドだぞ!」と斬ってみせた。

 本人のキャラクターイメージ通り元木は長年、バラエティー番組で活躍していた印象が強いが、テレビ局関係者も「野球界に戻って性格が変わっていないか、心配していました。以前、所属事務所の新年会では広い会場の隅で静かに飲んでいたのに、昨年はテキパキと仕切るなど、変心ぶりはすごかった。改めてキレがあるタレント兼ヘッドなんだなと感心した」という。

 また現役コーチがキャンプから帰京した夜にそのままスタジオ生出演したことにも驚いている。

「通常、1カ月におよぶキャンプ打ち上げの日に、まずテレビの仕事のオファーなんて披露を理由に受けないもの。だけど、元木さんは受けちゃう人なんですね。気も回るし、なにより先輩である中畑の顔をちゃんと立てるというのも大きい。人懐っこい“天然”なふりしていますが、実はとても真面目で地頭はかなりいい。それは昨年、シーズン中にストレスで倒れてしまったことでも露呈している。そういった意味では今年も体調は心配ですね」

 コメントは変わらずキレキレの元木ヘッドを困らさないためにも、巨人ナインの奮起が求められる。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2021/03/06 23:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed