日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > アメトークの巨人芸人に批判殺到

『アメトーーク!』ジャイアンツ芸人からのマウントに他球団ファンから批判殺到

文=日刊サイゾー

『アメトーーク!』テレビ朝日公式サイトより

 2月25日の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で「今こそジャイアンツ芸人」を特集。ジャイアンツ芸人たちのあるマウントが視聴者から怒りを買っている。

 巨人大好き芸人たちが集まったこの日。スタジオには広島カープ好きで知られるお笑いコンビ・アンガールズの田中卓志とオリックス好きのお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右も登場していた。

 今回問題となっているのは、「巨人ファンあるある」について語っている際の一幕。出演していたお笑いコンビ・さまぁ~ずの三村マサカズが、「巨人が独走してる時は『日刊スポーツ』とか『サンケイスポーツ』とか違うスポーツ新聞を余裕で見るんですけど巨人の負けが込んでくると『報知新聞』に手を出す」と、巨人びいきである『報知新聞』しか見られなくなると明かし、この言葉に共感した巨人芸人たちは大爆笑だった。

 また、お笑いコンビ・ロングアイランドの松原侑潔によると、「他球団の事を書いてる記事に比べてやっぱり荒れがち」だといい、5連勝後に1敗しただけで、コメント欄は『あいつのせいだ』『こいつのせいだ』と荒れがちになってしまうという。お笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也も「確かにジャイアンツファンの方が負けに弱いですよね」と分析していた。

 さらに山崎は、「ずっと優勝してないみたいなファン……。本当、オリックスとかの人って根気強いじゃないですか」と岡田を見ながら指摘。負けが続くと巨人ファンはへそを曲げがちだといい、これに岡田が困惑しながら「確かにそうですよ」と賛同しつつ、「やっぱり、オリックスなんかもう全然(新聞に記事が)載ってないから。一番ひどかったのは、唯一写真もない記事で『T-岡田 髪型変える』。これだけ」と暴露すると、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一は「今みたいなちょっとそういう弱小漫談がないのがつらいですよね、俺たちにはやっぱり」と発言していた。

 しかし、この一言に他球団ファンからは苦言が集まっている。

「この日はマウントを取って嫌われがちな巨人ファンをあえて芸人たちが演じ、笑いを取っていましたが、それでも他球団の貶めには敏感に反応してしまった視聴者がいた様子。一部視聴者からは『弱小漫談ってネタでもイラつくな!』『これシチュエーション次第じゃケンカもんだぞ』『本気でムカっとしちゃった』といった批判の声が聞かれていました。ネタではあるものの、ただでさえマウントを取られがちな他球団ファンにとっては笑えない冗談になっていたのかもしれません」(芸能ライター)

 常勝球団ファンゆえのギャグだったが、なかなかにセンシティブな問題をはらんでいたようだった。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/01 06:00

『アメトーーク!』ジャイアンツ芸人からのマウントに他球団ファンから批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

プロレス界新星は「頭真っ白系」?

エンターテインメント性の高さと選手たちのキャラクターの強さが人気の「DDTプロレスリング...
写真