日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ももクロ・百田夏菜子にファン騒然

ももクロ・百田夏菜子、『A-studio+』で10周年を振り返るもファン騒然「緑の存在が完全に消されてる」

文=日刊サイゾー

『A-Studio+』TBS公式サイトより

 3月5日放送の『A-Studio+』(TBS系)にももいろクローバZの百田夏菜子がゲスト出演。番組の取材で、現メンバーの玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにと2011年4月に脱退した元メンバーの早見あかりが集まり、百田がももクロの10周年を振り返ったが、もう一人の辞めたメンバーを巡りネット上で「存在が完全に消されてて闇すぎる」「全く触れてなくて怖い」と話題になっている。

 女優として活動するため、デビュー後わずか1年でグループを脱退した早見だが、百田と早見は今でもずっと仲良くしているようで、早見と早見の夫、百田の3人で“川の字”になって寝たこともあるというエピソードも語られた。

 早見は『A-Studio』の7代目アシスタントを務めており、ももクロと笑福亭鶴瓶も15年から『桃色つるべ~お次の方どうぞ~』(関西テレビ)でレギュラー共演していることから、お互いに勝手知ったる仲。そんな鶴瓶は「ほんと仲いい。ほかのメンバーもそう。ええヤツ集まったな」と言い、百田も「ほんとそうですね。割とさっぱりしてる。学生時代から一緒なので」と語った。

 しかし、ネット上では「早見あかりはグループ抜けても仲良いけど有安杏果はどうなの?」「ももクロって、有安に触れるのタブーみたいになってたりするの?」「有安スルーで変な感じになるんだから早見も出さなければいいのに。それともわざとザワつくようなことやってるのか?」と疑問の声が噴出。「闇が深すぎる」と物議を醸している。

 早見が脱退後、ももクロは18年1月にグループを脱退した有安杏果を含む5人で活動していたが、番組では有安の名前が一切登場せず。10周年を振り返るうえで、メンバーの集合写真やライブ写真が登場するも、どこにも有安は映っておらず「ももクロって、毎度緑の子が最初からいなかったことになってるような見せ方で、悲しくなる」「ももクロって青の子の話は出るけど緑の子のことは全然話さないの闇」「緑の子がいないことになっとるやん!」「緑は完全に無視なんですね」との声が相次いだ。

「有安脱退時に、“メンバーとの不仲”が原因だとささやかれたことが、こうしたファンの不満につながっているのでしょう。ただ、有安はももクロ脱退時に所属事務所も辞めているため『有安杏果は違う事務所に移籍したので映れないのだと思います』『有安に触れないの他事務所だから仕方なくない?』との指摘も。とはいっても、ももクロとしてデビュー後に活動していた期間は早見よりも有安のほうが長いため、『有安が完全NGワードみたいくなってるがやっぱ悲しい』『まるで居なかったかのごとく進むのってモヤモヤするわ。』とファンが感じるのは当然かもしれません」(芸能ライター)

 現在も交流が続いているももクロメンバーと早見だが、果たして今後そこに“緑”が加わることはあるのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/10 15:52

ももクロ・百田夏菜子、『A-studio+』で10周年を振り返るもファン騒然「緑の存在が完全に消されてる」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真