日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > King & Prince岩橋玄樹ついに「復帰」!?

King & Prince岩橋玄樹ついに「復帰」!? カウントダウンタイマーの“ドット”にファンは期待!

文=日刊サイゾー

King & Prince岩橋玄樹ついに「復帰」!?  カウントダウンタイマーのドットにファンは期待!の画像1
公式サイトより

 3月9日、King & Princeの所属レーベル「ユニバーサルミュージックジャパン」の公式サイト内に、“あるもの”が登場し、ファンの間で騒然となっている。

 その“あるもの”とはカウンドダウンタイマー。詳細はまるでベールに包まれているものの、カウントダウンタイマーが示す日時を計算すると、12日12時に何からの発表があると思われる。

 これに対してファンの間では、「何のタイマーだろう?」「発表が楽しみ~!」という声が上がっているが、特に多いのはメンバーで、現在パニック障害で休養している岩橋玄樹の復帰を期待する声だ。

「2019年2月17日に一部制限付きで活動を再開すると発表しましたが、体調が悪化し、同月28日に再び活動休止を発表してから約2年がたっています。今回のカウントダウンタイマーにはよく見ると岩橋さんのメンバーカラーであるピンクのドットが所々に入っている。そのため、“岩橋復帰のカウントダウン”ではないかと見ているファンも一部にいるようです。

 また、『ViVi』(2021年4月号、講談社)にキンプリがそろって登場した際のインタビューでは、メンバーが『以前よりもルックスが男らしくなった』『ファンの方々を大切にする気持ちが昔より強くなっている』などと岩橋の近況を話していました。そうしたこともあって『そろそろ戻ってくるかも』と期待する声は多いですね」(芸能ライター)

 岩橋の復帰匂わせはこれまで何度もあり、そのたびファンは一喜一憂していたが、今度こそ復帰を期待したいところだが、一方で「岩橋の復帰ではないかもしれない」と言うのは、ある芸能関係者。

「平野紫耀と永瀬廉はそれぞれジャニーズの公式サイト『Johnny’s web』の公式ブログの中で匂わせをしているのですが、それは岩橋復帰とは別のもの。平野は3月8日に『Diary King&Prince』を更新し、『あることを頑張っていてみんなが見れる日がくると思うと…』と報告。さらに、4日更新の『ながせのつぶやき』で永瀬の方は、『ずっと踊っていた』と言っています。

 これらを考えると岩橋の復帰ではなく、新曲かアルバムの発表が濃厚かと。残念ですが、岩橋の復帰はまだ先になるかと思いますよ」(同)

 今回のカウントダウンタイマーにピンクのドットがあることから始まった岩橋の復帰説。はたして、この色に意味はあるのだろうか?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/11 08:00

King & Prince岩橋玄樹ついに「復帰」!? カウントダウンタイマーの“ドット”にファンは期待!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

YOASOBIが深夜ラジオで飯テロ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真