日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > マツコ、懐かしいアノ番組に言及

マツコ、『知らない世界』で子どもの頃にはまっていたアノ番組に言及「土曜の昼は…」

文=日刊サイゾー

『マツコの知らない世界』TBS公式サイトより

 3月9日の『マツコの知らない世界』(TBS系)で取り上げられた、ある懐かしの番組に注目が集まっている。

 前週、同番組は2021年に入って初となる新録版を放送したが、今週は再び過去の放送回を編集して放送。「もはやお宝!?集め過ぎたマニアSP」とし、カップラーメンやエレキギター、昭和家電、古着きものなど、さまざまなジャンルのマニアが1時間の放送時間に凝縮され、内容が濃いものとなっていた。

 特に2019年1月に放送された「カップラーメンの世界」では、これまで1万5,000食ものインスタントラーメンを食べてきたという大山即席野村斎さんが登場。MARUCHAN QTTAやペヤングスカルプDなどの変わり種から、日清カップヌードルのような定番まで、さまざまなカップラーメンをランキングで紹介した。「日清カップヌードルはカレー味が好きなのに、順位が低い」と嘆きながらも、続々と登場するカップラーメンを手当たり次第に口へと運ぶマツコ。そして「小学生の頃、土曜の昼は『女の60分』を観ながらインスタント麺をすすってた」と子どもの頃を振り返っていた。

 マツコが口にした『女の60分』とは75年から92年までテレビ朝日系で放送されていたバラエティ番組『独占!女の60分』のこと。主婦層をターゲットにしながらも、過激な内容が多く、熱狂的なファンも少なくなかった。

 30年近く前に終了している番組の名前がマツコの口から出たことで、視聴者は「マツコの言ってた『女の60分』 懐かし~ どんなんだっけ」「やっぱり土曜日は半ドンで 女の60分見ながら焼きそばなんだよ!!」「マツコデラックスの『毎週土曜の昼は女の60分見ながらインスタントラーメン食ってた』という話に超・シンパシーを感じた」と反応。ついにはTwitterのトレンドにまで上がることとなった。

「昔の番組とは言え、20年近くに渡って放送された人気番組で、知名度はありましたからね。マツコと同じように、学生時代を思い出したという人も多かったようです」(芸能ライター)

 報道規制が厳しくなり、過激なテレビ番組が少なくなってしまった昨今のテレビ業界を嘆く視聴者も見られた。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/11 17:00

マツコ、『知らない世界』で子どもの頃にはまっていたアノ番組に言及「土曜の昼は…」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

ミス週刊少年マガジンを受賞

「もう少しだけ。もう少しだけ、撮らせてください」  秋晴れの乃木坂での撮影は、所定の...
写真