日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 巨人に202cmの新人登場!あの選手を彷彿

巨人に202センチの新人登場! ジャイアント馬場との「最長身選手」論争の行方

文=石井洋男(いしい・ひろお)

巨人に202センチの新人登場! ジャイアント馬場との「最長身選手」論争の行方の画像1
1955年の馬場正平(ジャイアント馬場)

 巨人に文字通りの“巨人”が現れた。今季ドラフト5位で入団した秋広優人の身長は200cm。キャンプで1軍に合流し、開幕スタメンも噂されるが、その身長をめぐって関係者の間でちょっとした議論が生じた。

 秋広は、広島の主砲・鈴木誠也と同じ二松学舎大付属高校(東京)出身。オープン戦でここまで8試合(3月15日時点)に出場した秋広は右投げ左打ちの内野手だが、特徴は何と言ってもその体格だ。公式プロフィールには身長200cm、体重95kgと記されているが、2月のキャンプ中に改めて身長を測ったところ、「202cmでした」と告白。周囲をどよめかせた。

 日本プロ野球界最長身は、2014年に楽天に在籍したファンミルの216cm。このほか、ヒルマン(208cm ロッテ)、ターマン(208cm 横浜)、ブロス(205cm ヤクルト)、ミコライオ(205cm 広島)、オンドルセク(203cm ヤクルト)、ミンチー(203cm 広島)など、2m超の選手は何人もいたが、いずれも外国人で、しかも投手ばかりだ。

「2mの秋広がファーストを守れば“的”が大きいので、他の野手が送球しやすいというメリットがありますが、それだけ身長が高ければ、まずは投手をやらされるのが当たり前。海外でも同様なので、巨漢揃いのメジャーでも2m超の内野手はなかなかいません。一方、背が高い選手が打席に立つと、ストライクゾーンが広くて相手投手は投げやすく、野手として大成した例は日本ではほとんどありません」(週刊誌スポーツ担当記者)

 とはいえ、大谷翔平(193cm)という例もあるので、一概に見込みがないとは言えない。ただ問題なのは、秋広の身長が202cmに“伸びた”時に出た「日本人最長身」という報道だ。

「巨人ドラ5秋広、ジャイアント馬場さん超え 朝の測定で日本選手史上最高身長『2メートル2センチ』を記録」(デイリー)
「【巨人】ドラ5秋広優人、身長2センチ伸びていた “日本選手最高”『202センチ』」(スポーツ報知)

 と、複数のスポーツ紙が報じたが、これに対して物言いが入った。1999年に亡くなったプロレス界のレジェンド、ジャイアント馬場は元プロ野球選手。在籍したのも秋広と同じ巨人だ。紙面では馬場の巨人時代の登録は200cmと記されたが、プロレスラー時代の公式プロフィールは209cm。まさかレスラーになってから伸びたのか? 古参のプロレス記者がいう。

「プロレスラーのプロフィールをまともに受け止められてもねぇ(笑)。プロレスの歴史を紐解けば、日本プロレス界の祖である力道山がサバを読んでいた。彼の公式プロフィールは180cmでしたが、5~6cmは盛っていたと思われます。そうなると、他のプロレスラーもそれに合わせる必要が出てくるわけで、アントニオ猪木も公称190cmですが、そんなにはありません。ただ、馬場さんも209cmかどうかはともかく、流石に2m以上はあったと思います。恐らく203~204cmぐらいだったでしょう」(プロレス記者)

 ベテラン野球ライターも、こう証言する。

「昭和の野球選手のプロフィールは本当に適当で、身長も体重も基本は自己申告。名球会入りしたある選手は、入団から引退まで一度も体重が変わりませんでした。当時はヤジも酷いので、背が低い選手は高めに、高い選手は低めに書くのが当たり前。ジャイアント馬場もたぶん、低めに申告して200cmだったのでしょう」(野球ライター)

 2m超の先輩は、その後別の世界でビッグな存在になったが、秋広は野球で輝き、球界の常識を変えられるか!?

石井洋男(いしい・ひろお)

石井洋男(いしい・ひろお)

1974年生まれ、東京都出身。10年近いサラリーマン生活を経て、ライターに転身。野球、サッカー、ラグビー、相撲、陸上、水泳、ボクシング、自転車ロードレース、競馬・競輪・ボートレースなど、幅広くスポーツを愛する。趣味は登山、将棋、麻雀。

最終更新:2021/03/17 11:00

巨人に202センチの新人登場! ジャイアント馬場との「最長身選手」論争の行方のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

YOASOBIが深夜ラジオで飯テロ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

上野「CASTLE RECORDS」の大きすぎる功績

 2009年に東京・上野のアメ横センタービルにオープンした、国内のヒップホップの作品...
写真