日刊サイゾー トップ > 芸能  > トヨタ御曹司と結婚、元宝塚・星蘭ひとみ

トヨタの御曹司と結婚! 究極の玉の輿に乗った元宝塚・星蘭ひとみの“恵まれすぎ人生”

文=日刊サイゾー

トヨタの御曹司と結婚! 究極の玉の輿に乗った元宝塚・星蘭ひとみの恵まれすぎ人生の画像1
星蘭ひとみ(宝塚歌劇団プロフィールより)

 誰もが羨む美貌を持つ可憐な女性を迎えに来たのは、超大企業の創業家の御曹司……夢物語が売りの宝塚歌劇団でもなかなかお目にかかれないようなシンデレラストーリーが現実のものとなり、話題を読んでいる。

 トヨタ自動車社長・豊田章男氏の長男・大輔氏が、元・タカラジェンヌの星蘭ひとみと結婚することが判明。このニュースは大手一般紙でも報じられた。

「星蘭ひとみさんはトップスターにこそたどり着けなかったものの、美女揃いのタカラジェンヌの中でも別格の美人で、その美貌は『宝塚のオードリー・ヘップバーン』と呼ばれていたほどです。異例中の異例ですが、在団中に民放の連続ドラマに出演し、三浦春馬の恋人役を演じました。しかし活躍を期待していたのに、昨年末に宝塚を退団してしまって……。そうしたら、こんなニュースが飛び込んできて、本当に驚きました」(20年来の宝塚ファン)

 トヨタ自動車といえば、名実ともに日本のトップ企業。大輔氏は創業家出身の社長の長男で、現在は子会社の社長をしており、ゆくゆくは……という立場にある。そのお相手が元タカラジェンヌとは、まさに“お似合い”というしかないが、良家の子女が集う宝塚には、庶民にはおよそ想像が及ばないような家柄の持ち主がゴロゴロいるという。

「元トップスターでいえば、大和悠河がバラエティ番組で尋常でないセレブ生活を披露したり、紫吹淳が『コンビニに行ったことがない』と、浮世離れしたエピソードを話したりしていますが、あんなのはまだまだ序の口。有名だったのは、10年ほど前に退団した男役スターです。彼女の実家は全国展開するホームセンターの創業家で、プライベートジェットを持っていました。その他、総合物流企業や有名飲料メーカーの創業家、新聞社主、人間国宝、旧・華族に連なる家系など、“スゴい実家エピソード”には事欠きません」(宝塚ファンの女性芸能誌記者)

 そして星蘭自身も、とんでもないお嬢様だという。

「星蘭ひとみは幼稚園から高校まで学習院に通い、卒業後に宝塚歌劇団に入団。タカラジェンヌ時代は年齢が非公表でしたが、佳子さまと同級生ということで話題でした。彼女の実家は出光興産に連なる家系。出光といえばガソリンですから、トヨタとは親戚のようなものです」(同上)

 これでトヨタのEV開発も、ほんの少し遅れてしまうかも?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/20 11:00

トヨタの御曹司と結婚! 究極の玉の輿に乗った元宝塚・星蘭ひとみの“恵まれすぎ人生”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「バッハのため」の五輪の”開催意義”

今週の注目記事・第1位「森昌子引退の裏に...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真